「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

とても有意義な90分になりました。【20代後半男性】無料相談

長年頑張ってきたある道でプロを目指してきたものの、それを断念して、ビジネスマンとしてのキャリアを歩み始めた20代後半男性のお客様。

その1社目である程度の経験は積めたので、自身を成長させられる環境に移りたいと転職活動をされています。数社からの内定と最終面接を控えたタイミングで、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用になり、そのご感想を頂戴しました。

 

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用になられた20代後半男性のお客様から、ご感想を頂いたのでご紹介します。

 

西澤様

今回は貴重なお時間を頂きましてありがとうございました。

とても有意義な90分になりました。ありがとうございます。

お伝えした通り、最終面接の企業が1社あります。

ただ、現状では内定が出るかも不確定ですし、希望条件も一致するとは限りませんので、ここで転職活動を一度リセットする可能性もございます。

その時は西澤様にサポートして頂けたら幸いです。

今回の無料相談で西澤様のお人柄に魅力を感じ、ぜひお願いしたいと考えております。

ですので、来週の○○社の進捗状況も再度メールにてご連絡させて頂ければと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 
●●さん、ご感想をありがとうございます。

 

 
もし、継続サポートに申し込まれたら、ご希望が叶うよう全力でサポートしますので、よろしくお願いします。

 

 

大事なのは、どうなっていきたいのか?

 

 
この20代後半男性のお客様は、ある道のプロになることを断念した後の1社目で営業として働かれています。

 

 
経験も積めたので、さらなる成長ができる次の会社に転職したいと思い、転職活動を始められたそうです。

 

 
200近く応募して、1割弱の企業から面接に呼ばれ、数社内定をもらったそうですが、しっくりこないので辞退され、上のご感想にあったように最終面接の1社が残っています。

 

 
その会社はこれから事業が大きくなっていく企業だと予測できるので、悪くないと私も思います。

 

 
エージェントの話では、多分、内定をもらえるようなので、本来なら私の出る幕は無いはず。

 

 
でも、お客様は、このタイミングで『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用になられた。

 

 
どうしてか、と言うと、200社近くということは、方向性をしっかり決めず「営業」の求人を闇雲に応募してきたという事と、面接に呼ばれたのが1割弱、つまり年齢の割には書類通過率が低いという事に、お客様もひっかかりを感じていて、「このまま内定をもらった企業に転職すれば、本当に良いのだろうか?」という迷いが生じたからです。

 

 
それでも、最終面接の企業は悪くないですから、もし内定をもらって、条件も悪くなければ、その製品・サービスを営業する覚悟が持てれば、転職してOKだと思います。

 

 
そのような話をお客様に差し上げたところ、上記のご感想にある

 
「現状では内定が出るかも不確定ですし、希望条件も一致するとは限りませんので、ここで転職活動を一度リセットする可能性もございます。その時は西澤様にサポートして頂けたら幸いです。今回の無料相談で西澤様のお人柄に魅力を感じ、ぜひお願いしたいと考えております。」

 
というお言葉を頂くことが出来ました。

 

 
もし、そうなった時には、お客様に適した転職先とご縁ができるように全力でサポートしたいと思います。

 

 
もし、あなたも転職への不安や心配を取り除いて希望を叶えたければ、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ