「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面談を通じてすべて不安は払拭されました【アラフォー男性】

以前『転職の個別サポート塾』の継続サポートをご利用になられたアラフォー男性のお客様から久しぶりにご連絡があり、大きなキャリアチェンジをされる件についてご相談を受け、色々とお話しをしました。

 

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
5年前にサポートした男性のお客様は当時、30代半ばでした。そのお客様からご連絡が入り、先日久しぶりに相談セッションを行いました。

 

 
40歳を目前にしたお客様と5年振りにお話をして、下記のような内容をお聴きしました。

 

 
1)5年前にサポートした後、面接に何社も進んだけれど、結局、転職はせず、そのまま会社で働いて、延べ8年働いたこと。

 

 
2)働きながら、これからのことをずっと考えてきて、本当にやりたい事が見つかったこと。それは大きなキャリアチャンジになること。

 

 
3)その道に進むために、現在大学で学んでいること。

 

 
その上で、その道で働き始めるまでの間、収入を得るために働く必要があるが、どのような働き方が良いと思うか、というご相談をされました。

 

 
それに対する『私の答え(アドバイス)』は、ここには書けないのですが、一般的な方法・考え方から少々離れた変化球的な内容だったにも関わらず、

 
それをお聞きになられたお客様から、

 
「西澤さんにご相談して本当に良かったです。実は、私もそれに近いことを考えていて、それは変な考え方ではないのかと自信が持てずにご相談したので、西澤さんの考えと方向性が一緒だったので、ほっとしました。」

 
という反応をもらい

 
「●●さん、良い考え方だと思いますよ。さすが、ですね。」

 
と、その後も話が進みました。

 

 
最後にお客様から、

 
「転職はしなかったですが、5年前に作ってもらった職務経歴書は、本当にすごいんですよ。当時も、それ以降も、実は今も、スカウトが入ってきます。」

 
とお聞きすることが出来て、嬉しかったです。

 

 
ちなみに、後日お客様からは下記のご感想を頂きました。

 

西澤さん

大変お世話になっております。●●です。

先日は本当にお時間をありがとうございました。

時間とともに価値が変わっていく世の中で、一般的なレールに乗った電車から降りて、新しい人生を選ぶことに不安を抱えていましたが、西沢さんとの面談を通じてすべて不安は払拭されました。

今後も「壁打ち」が必要になったときは、ご相談させて頂きます。

今後とも何卒、よろしくお願いいたします。

 

 
キャリアチェンジというお客様の大きな決断を進めていく上で、不安の払しょくのお手伝いができて、本当に良かったです。

 

 
『転職の個別サポート塾』では、上のお客様のご感想の中にもある通り、私との話し合いで、考えを深掘りしたり、ブラッシュアップしたり、気づきを得たり、する「壁打ち」を希望されるお客様が結構いらっしゃいます。

 

 
一人では行き詰ってしまうところを、私との「壁打ち」で突破できるそうで、喜ばれていますし、リピートされるお客様も少なくありません。

 

 
もしあなたも、転職だけでなく、仕事全般で何か行き詰っているなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。無料相談はオンラインで行っていますので、お気軽にご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ