「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接で語りたいエピソードからの逆算で作る自己PRと職務経歴書

面接官が質問の基にするのが、職務経歴書。その中でも、質問したくなるのは自己PRです。ただし、興味・関心の持てる内容じゃなければ、スルーされてしまうか、あなたにとって嬉しくない質問がくるかもしれません。

 
握手 テーブル

 

 
こんにちは。転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは、「自己PRは、語りたいエピソードから逆算で作る」です。

 

 
あなたには、面接で語りたい仕事の経験(エピソード)はありますか?

 

 
えっ、全然無い...んですか?

 

 
いやいや、そんなコトは無いハズですよ。

 

 
絶対あるハズですから、よ~く探してみましょう。

 

 
もし、本当に見つからないならお手伝いしますので、私(転職の個別サポート塾)までご相談ください。

 

 
で、面接官に語りたい経験(エピソード)があったとしても、職務経歴書の自己PR欄にそのまま書くのはオススメ出来ません。

 

 
何故かって?

 

 
それはですね、実は、職務経歴書でエピソードを主役にしてしっかり説明してしまうと、面接官からそのエピソードについてもっと深掘りする質問が来るからです。

 

 
それより「自己PR」と「職務経歴書の全体」に、そのエピソードの一部やエピソードに繋がる記述をして、面接官に興味を持たせて質問させるよう誘導するのが、正解だからです。

 

 
そうすれば、そのエピソードを、あなたは面接で自然と語れるようになります。

 
 

 
 

面接官の質問を誘導するには...

 

 
エピソードがそのまま書いてある自己PRや職務経歴書を読んだ面接官は、

「この話は本当かなぁ」

「本当に実力あるのかなぁ」

など疑問を持つので、それが本当か、分かるための質問してきます。

 

 
書いた内容以上の話が出来る人ならまったく問題無いですが、書いた内容がほぼ全てで面接官の質問に対してそれ以上の話が出来ないとなると、面接官のあなたに対する興味は薄れます。

 

 
つまり、あなたへの評価が下がる訳です。

 

 
そうなれば、ライバル(他の応募者)にチャンスが行ってしまいます。

 

 
なので、そんな状況になりたくなかったら、自己PRには、あなたが「面接で語りたいエピソード」につながる「スキル」「能力」「心がけ」などを明確に挙げて、その説明としてエピソードの一部をサラッと書くと、面接官からの質問に対して、あなたが「語りたいエピソード」を堂々と語るコトが出来ます。

 

 
面接官の疑問に対して回答する形で語るエピソードは、「私(自分)は本物ですよ」と言うエビデンス(証拠)になるので、面接官の印象はとても良くなります。

 

 
面接で語れるエピソード(経験)を見つけましょう!

 

 
そして、そのエピソードを面接で語れるようにする自己PRや職務経歴書を作りましょう!

 

 
それが出来れば、あなたの印象が上がり採用がグッと近づきますよ。

 

 
もし、あなた一人では面接で語るべきエピソード(経験)が見つからない、また、どう作ればよいか分からないと言うなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。きっと、あなたも「もっと早く利用すれば良かった」と思いますよ。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

『転職の個別サポート塾』お客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 
もし、あなたも、志望度の高い応募企業の面接官から『あなたが語りたいエピソードに繋がる質問』を引き出せる自己PRや職務経歴書を作りたかったら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

お問合わせ