「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

もし「転職をなんとかしたい」と思っているなら、急がば回れ

思い通り進まない時、なんとかしたいからって焦って動いても、事態は好転しない事の方が多い事は多くの人が経験されていると思います。そういう時こそ落ち着いて丁寧に対処が良さそうです。いわゆる『急がば回れ』って奴ですね。この教訓、転職活動でも大事です。あなたは今、「転職をなんとかしたい」と思っていますか?

 

 

 
こんにちは!
転職PRの専門家の西澤です。

 

 
今日のテーマは、「転職なんとかしたい」です

 

 
「なんとかしたい」なんて、あまりにもストレートな表現で少々幼稚な感じもしますが(笑)

 

 
でも、私が日々『転職の個別サポート塾』で接している多くのお客様も、この「なんとかしたい」って気持ちでご利用になられているのを感じます。

 

 
でも「なんとかしたい」って感じているものが何なのかを具体的にしないと、どこから手をつけていいのか分からないですよね。

 

 
そこで今日は、その「なんとかしたい」についてお話したいと思います。

 

 

 
 

あなたの「なんとかしたい」は何ですか?

 

 
「転職回数が多い」「在職期間が短い」その理由を面接官にどう説明したら、ですか?

 

 
前職を試用期間で辞めた「退職理由」を面接官にどう説明したら、ですか?

 

 
未経験の業界・職種への「転職理由」を面接官にどう説明したら、ですか?

 

 
「自己PR」や「職務経歴書」を上手く作れないコト、ですか?

 

 
応募企業への「志望動機」を上手く書けないコト、ですか?

 

 
面接に行って上手く話せる自信が無いコト、ですか?

 

 
上記以外にも抱えているコトが色々あるとは思いますが…

 

 
確かに、上記のような「なんとかしたい」を抱えていれば、面接に呼ばれる職務経歴書は作り難いでしょうし、面接に呼ばれても堂々と話すのは大変かもしれませんね。

 

 

 
 

「なんとかしたい」が具体的なら、「なんとかする」のは可能です

 

 
前述のように「なんとかしたい」が具体的であるなら、その対策はさほど難しくはありません。

 

 
あなたが選ばれるために相手にどういう風に思ってもらえば良いのか、常に上記を考えて対策を考えていくのがポイントです。

 

 
また、面接で上手く話せないって悩んでいるなら、面接で話す練習をする以前に、面接で話す内容を自信を持って話せる内容に作り変えるコトが大事です。

 

 
面接官が「納得できる」「安心できる」内容であるなら、そんなに立派じゃなくても良いのです。すごく上手く話せなくても良いのです。

 

 
あなたが堂々と話せればOKです。それを聞いた面接官が「なんか良い人だなぁ」と思えば、OK。

 

 
色々な「なんとかしたい」がありますが、やるべきコトは、「あなたが選ばれるため」に面接官にあなたの良さが伝わるコト。

 

 
そして、「あなたにリスクは無い(少ない)」って安心してもらうコト。

 

 
お客様お一人お一人の「なんとかしたい」は違いますが、『転職の個別サポート塾』では、そのお客様の「なんとかしたい」を日々解決しています。

 

 
あなたの転職活動での「なんとかしたい」は何ですか?

 

 
もし、あなたが転職活動で「なんとかしたい」を抱えているなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。あなたの「なんとかしたい」を一緒に解決して転職成功をお手伝いします。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

お問合わせ