「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接官に採用したいと思わせる面接での受け答え方、知ってますか?

緊張するから面接は嫌い。面接での受け答えは苦手だ。なんて言っていても、面接官に採用したいと思わせなければ、希望の転職は叶いませんね。では、その受け答え方、知っていますか?

 

面接

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは、「採用され易くなる面接の受け方」です。

 

 
面接本番は、緊張しますよね。

 

 
面接官が入室するまでの時間とか、はじめの自己紹介(職務要約)を話す時とかは、特に緊張しますよね。

 

 
あと、面接官から質問をされた時、回答するのも緊張しますね。

 

 
やっぱり、あなたもそうですか。

 

 
緊張し過ぎて良い受け答えが出来ないと、採用から遠ざかってしまいますしね。

 

 
では、採用を近づけるための受け答えをするためには、どうしたら良いでしょうか?

 

 
例えばですが、

 
自分が話したい内容を話すことができるように、面接官に質問してもらう、そんな風に誘導すればよいのです。

 

 
「えっ、どういう事?」って、思いましたか。

 

 
それは、こういう事です。

 
↓ ↓ ↓

 
もし、質問される項目や内容が予測出来ていれば、その回答を用意することは出来ますよね。

 

 
それを準備するのです。

 

 
しかも職務経歴書を作りながら、です。

 

 
つまり、面接官が質問したくなる職務経歴書を作るのです。

 

 
「それは、どうやって?」って、訊きたいですか? 聞きたいですよね~(笑)

 

 
ここで全てを説明する事はできませんが、一つだけコツをお伝えします。

 

 

 
 

面接官が訊きたくなる重要な内容は、全てを記載しない

 

 
あえて重要な内容、例えば、「実績の数字」「経緯」や「方法」などを隠すと、面接官は質問をしたくなります。

 

 
いや、しなくてはならなくなります。

 

 
質問をされたら、あなたは、その実績などの回答に加え、用意しておいた『面接官に伝えたいエピソード』を添えればよいのです。

 

 
それは、自己PRがベースになったエピソードです。

 

 
「自己PRをしてください」と言われたら、きっと、また緊張してしまうかもしれませんが、このように質問された時に自然に自己PRまで含ませていくと、面接官は徐々にあなたを採用したくなってくるものです。

 

 
質問を誘導できる職務経歴書を作ることが出来れば、質問が予測できる上に、その後の自然な自己PRにつながるエピソードまで話すことが可能になります。

 

 
そうなればあなたの評価は低いはずがありませんよね。

 

 
面接官の質問を誘導するコツは、他にもまだまだ沢山ありますので、あなたに適したものをセッションで一緒に見つけていきましょう。

 

 
もし、あなたが採用に一歩近づく『面接での回答の仕方』ができるようになる職務経歴書の書き方を知りたいなら、転職の個別サポート塾の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』お客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

Tagged on: ,
お問合わせ