「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

職務経歴書や面接で「退職理由」が心配なら…【転職・再就職の悩み】

職務経歴書面接で「退職理由」が心配なら…【転職再就職悩み

外国人男性 考えまとまらない

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
退職理由の心配」です。

 

前職や前々職を辞めたときの
退職理由を

履歴書や職務経歴書に
どう書けばいいのか

面接で訊かれた時に
どう答えればいいのか

と、悩まれる人は
結構います。

 

転職の個別サポート塾のお客様でも
多くの方が

退職理由をどうしたら良いか
心配されていました。

 

特に
既に退職して
再就職活動をされている方に
心配されている方が多いようです。

 

例えば

  • 1ヶ月で辞めた
  • 試用期間で辞めさせられた
  • メンタル面で辞めた
  • 介護のために辞めた
  • パワハラを受けて辞めた
  • 人間関係で辞めた
  • 短期間の退職が続いた

など
人によって
本当に様々な退職のときの
事情・状況があります。

 

それを
そのまま書いて、伝えて良いのか

そのままでなければ
どこまでを、どう伝えれば良いのか

を、悩んでいるのです。

 

私が企業で
採用責任者をしていたときも

面接でお会いした応募者の方が
退職理由のところで

■急にしどろもどろになったり

■勤めていた会社を悪く言ったり

■嘘を言っているなと
分かるような話をしたり

結構
つまづいてしまい
内定を出せなかった方もいます。

 

 

採用担当者や面接官の気持ちを考えるコトが大事

 

退職理由をどう書くのが良いかを考えるなら、採用担当者や面接官の気持ちを、先に考えましょう。そうすれば、どうするのが良いのか、答えが見えてきます。

 

採用担当者や面接官の懸念「退職理由から知りたいコト」

 

採用担当者や面接官は、下記のようなリスクを懸念します。

  • 入社しても、長続きしない
  • 職場や同僚に馴染めない
  • トラブルの基を抱えている
  • 求人した職務に対しスキル不足
  • メンタル面や介護などで働きが期待値未満

など、です。

 

面接官が退職理由を訊くのは
上記のような懸念があるか、
それを確認するためです。

 

と言うコトは、
それらの懸念を払拭するように
退職理由を伝えられば、
転職成功に、また一歩近づきます。

 

 

退職理由に「嘘を書く・伝える」のは避けましょう

 

内定が欲しくて、応募書類の記述や面接の話で、本当ではないコト、つまり虚偽を書く人がいますが、それはオススメできません。いや極力、避けた方が良いでしょう。

 

何故なら、嘘はどこかで、辻褄が合わなくなり、話に一貫性や整合性が無くなってきます。そう言う状況は、心臓に毛の生えている特別な人以外にとっては、堂々としていられなくなり、どこか不自然になっていきます。観察眼のするどい面接官なら、それを見抜いちゃうからです。

 

真実を100%書く・話す必要は無い

 

採用担当者や面接官の懸念を払拭さえ出来れば良いのです。

100%の真実は要りません。

そんな説明は、採用担当者や面接官は求めていないでしょう。

 

何を、どのくらい話すかは、採用担当者や面接官の懸念を「どう払拭するか」を考えてから、決めましょう。

 

上記が上手く考えられれば、あなたの退職理由は、「悩み」ではなく、あなたにとっての「武器」に変わる可能性すらあります。

 

そして、退職理由とそこにつながる話を、職務経歴書の特記事項に上手く書いておくと、面接に呼ばれ易くなったり、面接で話し易くなったりします。

 

だからこそ
よく検討してみてください。

 

もし、
あなたが
それでも退職理由に悩むなら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

あなたが
退職理由を心配せずに
堂々と面接に行けるように

そして
ご縁のある企業に採用されるように
サポートします!

 

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

お問合わせ
-->