「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

今後の見通しが立ち、前向きになれました【30代半ば男性】

公務員に転職して実際に働き始めたら想像以上の大変さがあり、半年あまり頑張ってきたものの、これ以上は働けそうもないと感じるようになったため、再転職されることを決断された30代半ば男性のお客様。

決断はしたものの、次が5社目になること、現職が1年未満の短期離職になること、加えて、経歴に一貫性がないことなどに不安を感じたので、専門家のサポートを受けたいと思い『転職の個別サポート塾』をご利用になられました。

 

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
『転職の個別サポート塾』の無料相談を受けられ、継続サポート7回コースに申し込まれた30代半ば男性のお客様から、「無料相談」と「1回目の自己分析セッション」についてご感想を頂いたので、ご紹介します。

 

 
まずは、無料相談から。

 

西澤さん

本日はご相談をお受けいただきありがとうございました。

今後の見通しが立ち、前向きになれました。感謝申し上げます。

是非、サポートをお願いできますと幸いです。

引き続きよろしくお願いします。

 

 
次(下記)は、1回目の「自己分析セッション」が終わった後のご感想。

 

西澤さん

今日はセッションありがとうございました。

多角的に質問いただき、自己理解が深まりました。

引き続きよろしくお願いします。

 

 
●●さん、ご感想をありがとうございます。

 

 
きっと良い自己PRが出来上がりますから、この転職を成功させましょう。これからも、よろしくお願いします。

 

 

相手に興味を持たせる自己PRを作れれば…

 

 
この30代半ば男性のお客様は「民間企業で広報」⇒「市役所で福祉関連職員」⇒「独法で特殊な仕事」⇒「市役所で福祉関連職員」というユニークな経歴をお持ちです。

 

 
一貫性が薄めの経歴ですが、それぞれの職場で頑張られてきた方です。

 

 
今年、4社目の現職(市役所)に転職されました。

 

 
ですが、配属され実際に働いてみたら、想像を超える大変さで、半年は我慢して働いてきましたが、「ここで長く働くことは難しい」と思われ、1年未満ですが再び転職を考えるようになられたそうです。

 

 
ですが、今回の転職活動は「転職回数もやや多め」「短期離職の部類であること」「経歴の一貫性の薄さ」などを心配され、自分ひとりだけでは希望を叶えることは難しいだろうと思い、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用になられました。

 

 
無料相談で上記のような経緯やお気持ちを色々をお話を伺い、私からいくつかアドバイスを差し上げたところ、頂いたのが、上記のご感想です。

 

 
そのご感想に、

今後の見通しが立ち、前向きになれました。感謝申し上げます。

多角的に質問いただき、自己理解が深まりました。

上記のようなお言葉を頂くことができて、良かったです。

 

 
継続サポート7回コースは現在順調に進んでおりますので、この後も、お客様のご希望が叶うよう全力でサポートしたいと思います。

 

 
もし、あなたも、このお客様のように「転職失敗」の状況に遭遇し、転職活動をやり直したいと思っているなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ