「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

転職の面接本番で、あなたは残念な人になっていませんか?

「暗記しているのが分かるように話す」「ダラダラ話す」「話している内容に一貫性が全然ない」などを、面接本番でやってしまい、残念な人になっている人、少なくないようです。それでは、なかなか転職成功には近づけませんが、あなたは大丈夫ですか?

 
男性 あ~~

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは、
面接で残念な人」です。

 

 
上記を読んで、「ドキッ」としませんでしたか?

 

 
面接が苦手、嫌いな方は多いので、「残念な人」なんて書かれていたら、気になりますよね。

 

 
勤務していた企業で、私が採用責任者だった時の面接では、下記の様な『残念な人(応募者)』に遭遇することが少なくありませんでした。

 

 
■ 暗記した内容を、思い出しながら一生懸命話す

 

 
■ 質問に回答するときに、ダラダラ話して、肝心の回答がどこかに行ってしまう

 

 
■ 一つ一つの質問に、その場の思いつきで回答し、全体に一貫性が感じられない

 

 
など、挙げだしたらキリがないくらい、まだまだあります。

 

 
で、上記の様な状態になってしまう応募者を採用することは、まあ、まずありません。

 

 
あなたが面接官でもきっと同様に感じると思います。

 

 
あなたは面接の時、上記のような状態になっていませんか?

 

 

 
 

暗記した内容を思い出しながら話す事は、何故、面接でやってはダメなのか?

 

 
真面目な方ほど、しっかり伝えたくて、言うべき事項を文章にして暗記して、面接に臨む方が多いように思います。

 

 
でも、これは絶対お勧めしません。

 

 
何故なら、上手く話せても、面接官からは「暗記してきてるなあ」と分かるからです。

 

 
まあ、文章を暗記する方で、上手く話せる方はあまりいないと思いますが、多分(笑)

 

 
話しながら暗記した文章を思い出すために、多くの方は、話すペースが乱れたり、視線が宙を泳いだりします。

 

 
観察の対象として、初めて見るときは面白いかもしれませんが、面接で何名にも遭っていると興味は薄れます。

 

 
それよりも、面接官の気持ちは採用しない方向に傾くので、残りの面接の時間が苦痛になってくることがあります。

 

 
時には、暗記した文章の話す順番を間違え、聞いてる方としては、理解し難い文の構成になっている方もいたり・・・話している本人(応募者)は、それでも暗記した文章全てを話すことに集中していますから、気付いているのか、いないのか・・・

 

 
暗記した文章を全て話し切って、本人は達成感があるかもしれませんが、採用される確率は著しく低いと思ってください。

 

 
準備するなら、文章を丸暗記するのではなく、絶対伝えるべき単語やフレーズで覚えていきましょう。

 

 
それらを紙に書きだして、面接練習をする時に面接官役の人に渡して、チェックしてもらうと良いでしょう。

 

 
面接練習のときは、分かり易く話せていたか、を真っ先にチェックしてもらいましょう。

 

 
そして、上記の列挙した単語やフレーズが漏れなく使用されたか、を次にチェックしてもらいましょう。

 

 

 
 

質問に回答するときに、ダラダラ話して肝心の回答がどこかに行ってしまう人は、どうしたら良いのか?

 

 
面接官が質問すると、対応して話始めるのですが、話している間に話が拡散してしまい、なかなか肝心な回答にたどり着けない方がいます。

 

 
コレ、結構多いんですよ。

 

 
あなたは、大丈夫ですか?

 

 

こうならない為に、PREPを利用しましよう!

 

 
質問の意図を理解し、まず初めに明確に回答をしましょう。

 

 
その際、PREP法を使うことをお勧めします。

 

 
まず結論(回答)を伝える

 
↓  ↓  ↓

 
それは何故なのか(理由)を伝える

 
↓  ↓  ↓

 
例えば(具体例など)を伝える

 
↓  ↓  ↓

 
「だから、〇〇です。」と、再度回答する。

 

 
質問の意図を瞬時に理解しなければ適切な回答するのは難しいですが、上記のような回答をしていれば、多少ピントがズレていても、話し方には好感を持たれるはずです。

 

 
「あ~で、そ~で、こうだから・・・」みたいな、いつ終わるのか分からない、肝心の回答はいつ答えてもらえるのか分からないのでは、面接官にはイライラが残ります。良い印象を持ってもらえることは、まず無いでしょう。

 

 
ただ、面接が苦手な方が、面接本番ですぐPREP法を使えるようになるかと言えば、そこも難しいものがあるようにも感じます。

 

 
実は、そんな難しいことを身につけなくても、あなたが自然な状態で面接に臨んで、普通に話せば、内定に近づく話し方(面接の応答)ができるようになる方法もあります。

 

 
その方法は、『転職の個別サポート塾』で、「自己PR」「職務経歴書」「面接での応答の台本」を作ることです。

 

 
それさえできれば、それまで感じていた『面接本番への恐れ』が無くなり、楽に受け答えできるようになります。PREP法を使わなくても大丈夫です。

 

 

 
 

あなたの面接の準備は、大丈夫ですか?

 

 
面接が大好き、大得意という方は少ないです。ほとんどの方が面接はキライです。

 

 
ですが、採用内定を勝ち取るには、面接は避けては通れない道ですね。

 

 
もし、あなたも、前述の『残念な人』の項目に1つでも該当していて、該当面接が苦手だと自覚しているなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

 

 
PREP法も使わないで、もっと楽に面接官に伝わる話ができる秘訣をお伝えします。

 

 
サポートを受けると、面接がすごく苦手だった多くのお客様が、しっかり面接で話せるようになって、内定を獲得していますよ。

 

 
あなたも、面接に行くのが楽しみになってみませんか? あなたが面接で堂々と話せるようにお手伝いします。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

Tagged on: ,
お問合わせ