「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

職務経歴書の質が上がると、面接の苦手意識も減ります

もし、あなたの職務経歴書の質を上げることができたら、面接に対する苦手意識を減らしていくことも可能になります。そうなったら、どうなるか想像してみてください。

 

 

 
こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは
職務経歴書の質」です。

 

 
2022年も、もうあと1ヶ月ですね。

 

 
私の運営する
『転職の個別サポート塾』では、

 
 
ある40代男性のお客様は
応募した約10社の内、1社を除き
すべての企業から面接に呼ばれ、

みなさんの良く知る大企業の
一次面接を気持ちよく突破して、

さらに第一志望の企業の面接を
来週に控えている状況だったり、

 
 
ある30歳女性のお客様は、
第一志望の企業の一次面接で
社長と取締役との面接でしたが、

準備した内容で
しっかり受け答えしたところ
内々定といえる状態になったり、

 
 
その他にも、

短期離職で、
前回内定辞退した企業への応募でも
面接に呼ばれた30代男性のお客様など、

本当に様々なお客様が活発に活動されています。

 

 
その多くのお客様から、

寄り添ったサポートをして頂き、本当に心強く、助かっています。」

や、

一緒に作った職務経歴書は、かなり後押しをしてくれる武器になっています。」

などのお言葉を頂戴しています。

 

 
そのようなお気持ちに触れると
「サポートして良かったなぁ」
と思う瞬間です。

 

 
私の運営する
『転職の個別サポート塾』では、

これまで1,000近くのお客様
本当に色々な方が利用されています。

 

 
例えば、

 

 
職務経歴書を
書き始めようとして

自分のコトを分析したり
経験した仕事の棚卸をしようと
すると思考が停止してしまい

進められなくなってしまう方。

 

 
自己PRや職務経歴書を作って
応募はしているものの

面接には
ほとんど呼ばれない方。

 

 
何社か面接には
呼ばれて行ったけれど

上手く話すコトが出来ず
一次面接を突破できない方。

 

 
などなど
挙げだしたらキリが無いほど
様々な状況のお客様がいらっしゃいます。

 

 
そんな状況のお客様をサポートしていて

ほとんどの方は、

自信が無い
自信が持てなくなっている

状態だと分かりました。

 

 
そんな状態のお客様も
転職の個別サポート塾を利用すると

多くの方が
転職活動を進められるようになり
ご希望を叶えられています。

 

 
何故、
それが可能になるのだと思いますか?

 

 
あなたは、分かりますか?

 

 
それは質の高い職務経歴書を作るからです。

 

 

 
 

質の高いって、どんな職務経歴書?

 

 
質が高い なんて言うと

すごい職務経歴書を
想像しそうですが、

そう言う感じでは
まったくありません(笑)

 

 
むしろ
まったく凄さなんて
感じられない職務経歴書です。

 

 
でも
採用担当者が見た時に
興味を惹かれて

なんとなく
面接に呼びたくなる

また
人材紹介会社の担当者が会って
よい求人を紹介したくなる

そんな職務経歴書です。

 

 
「それってどんな職務経歴書なの」
って思いましたか?

 

 
それは、こんな職務経歴書です。

 

 

  • 自分らしい
  •  

  • 絞り込まれたアピール
  •  

  • 最初から最後まで一貫した
  •  

  • 平易で分かり易い表現
  •  

 
もしかしたら、
「な~んだ」
って思いましたか?

 

 
でも
一見したら「すごい」なんて思えない
職務経歴書なのに、

採用担当者が読んでいくと
なんか良い人だなぁ」と思う
そんな職務経歴書なんです。

 

 
職務経歴書って
自分のカタログなんですから

読んでいたら
段々と欲しくなってくる
カタログ(職務経歴書)の方が、

絶対に良いに決まっていますよね。

 

 
職務経歴書の目的は
自分に対して興味を持ってもらう
コトですから、

その目的を果たせるのが、
質の高い職務経歴書なんです。

 

 

 
 

職務経歴書の質が上がると、何が起きるの?

 

 
そんな職務経歴書が作れると、

その作っている過程で
知らず知らずの内に、

自分に対しての自信が
生まれていきます。

(戻ってくる、でもイイかもしれません)

 

 
ほのかな自信が生まれ、

エージェントにも良い対応を受け

応募した企業からも面接に呼ばれ

自信を持って
面接に臨めるようになります。

 

 

そして
面接では

自分らしい内容なので
堂々と話して

質問にも
ドキマギせず答えられるのです。

 
 
つまり

 
職務経歴書の質が上がる

 
 ↓

 
自信が生まれる(戻る)

 
 ↓

 
堂々としていられる

 
ようになります。

 

 
なので
転職活動の多くの悩みは、

職務経歴書の質を高めれば
解消されます。

 

 
反対に、
面接が苦手だ」と
悩んでいる人が、

面接で上手く話せるように、と
話す練習ばかりしても、

面接官の印象・評価が良くなり
採用される確率が高まる可能性は
さほどありません。

 

 
それよりも
職務経歴書の質を高めた方が、

面接でも堂々と話して
面接官からの質問にも答え易くなって

面接官からの評価も高くなり
採用にどんどん近づいていきます。

 

 
また
周りの応募者とは違う
質の高い職務経歴書だからこそ、

採用される(選ばれる)確率が
グッと高まる訳です。

 

 
『転職の個別サポート塾』では

利用される前は
自信の無かったお客様が、

質の高い職務経歴書を
私と一緒に作り上げて

100名や200名の中から
選ばれるのは当たり前

300名、400名の応募者の中から
最後の一人に選ばれる方も
続出しています。

 

 
中には
800名の応募者の中から
採用されたお客様もいらっしゃいます。

 

 
そんな質の高い職務経歴書に興味のある方は、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。あなたが自信を取り戻せる質の高い職務経歴書が作れるようお手伝いします!

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ