「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

こうすれば、採用担当者はあなたのことを面接に呼びたくなります。

面接に呼ばれなければ、内定獲得という結果は得られないのは当然ですよね。では、志望度の高い企業から面接に呼ばれる自信、あなたはありますか?もし、無ければ、どうしたら良いか分かりますか?

 
DSC_0403

 

 
こんにちは。転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは「面接に呼ばれるには」です。

 

 
働きたい企業に応募しても、面接に呼んでもらえなければ採用される事は絶対ありません。

 

 
当然の事ですよね。

 

 
では、どうすれば面接に呼ばれるようになるか分かっていますか?

 

 
あなたは、いかがですか?

 

 
なんとなく分かっているようでも、いざ言葉にして、ちゃんと説明をしようとするとけっこう出来ないものじゃないですか?

 

 
お分かりだと思いますが、採用担当者は入社後、あなたが自社に馴染んで長く活躍してくれる人かどうかを知りたがっています。

 

 
だから、募集と同じ職種の人、つまり、経験者を求めて、入社後職場に上手く馴染める協調性や順応性のある人かを見抜こうと努力しています。

 

 
だから、もし、それらを、あなたが自ら進んで教えてくれれば、採用担当者は安心できるし、採用し易くなります。

 

 
とてもシンプルなことですよね。

 

 
でも、慣れない転職活動で、一人で考えていると、そんなシンプルなことが分からなくなってくるのです。

 

 
あなたは、大丈夫ですか?

 

 
もし、あなたが面接にどんどん呼ばれたければ、採用担当者があなたについて知りたいことを、あなたの職務経歴書を読めば、面接での話しを聴けば、容易に分かるように、職務経歴書を作って面接で堂々と話せるようになりましょう。

 

 
あなたは、それが出来ていますか?

 

 
もし、あなたが、面接に呼ばれる職務経歴書を作って、堂々と面接で話せるようになりたければ、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。あなたに合ったアドバイスを差し上げますよ。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

『転職の個別サポート塾』お客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

もし、あなたが、面接に呼ばれる職務経歴書を作って、堂々と面接で話せるようになりたければ、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

お問合わせ