「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

あなたの職務経歴書、行間でも語っていますか?【転職PR】

あなたの職務経歴書、行間でも語っていますか?

DSC_0403

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
行間を読ませる」です。

 

あなたは
「行間」を意識することは
ありますか?

 

読み手は
書かれている文章からだけでなく

書かれている事から想像して
書かれていない事までも
なんとなく頭の中に浮かべますよね。

 

それを
楽しませてくれる文章に出会うと
私は嬉しくなります。

 

『転職の個別サポート塾』の
転職サポートのセッションでは
職務経歴書の文章を作成するワーク中に

その文章は外しちゃいましょうか

と、よくお伝えしています。

 

何故かと言うと
とても丁寧に説明されているからです。

 

本来
丁寧な説明は悪いコトではないですが

職務経歴書のように
相手の事を全然知らない第三者が
初めて見る物だと

丁寧に説明してあると逆に
興味を持っていない「第三者」にとっては
読み難いものなのです。

 

職務経歴書で
全部を説明する必要は無いのです。

 

採用担当者や面接官も
ビジネスマンですから
ある程度の内容から、想像します。

 

その想像を
こちらも想像して
「多分書かなくても分かるだろう」
というものは、あえて書くのをやめます。

 

そうすることで
読み易くなりますし、
字数制限も考慮する中で
もっと伝えたい内容を書くことができます。

 

小説のような文章とは違いますが、

職務経歴書でも
行間を読ませるテクは使えます。

 

全部を正確に
余すところなく書くのではなく

読んだ人(採用担当者や面接官)の
興味を惹いて、質問したくなるように
書くと良いのです。

 

書いてある文章を読んで

「コレはこういう事かな?」

「ならば、こんな質問をしてみよう」

となれば、上々ですね。

 

そんな職務経歴書の作成に
興味があるなら

『転職の個別サポート塾』の
無料相談をご利用ください。

 

あなたの転職が成功するよう
お手伝いします。

 

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ