「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

自己PRをどう作れば良いのか分からないなら

はじめての転職でも、何回目の転職でも、実は、自己PRに自信が持てない人は結構多いんです。作り方の絶対的な正解もある訳じゃないし、せっかくサイトで見つけ参考にしたサンプルが、自分に適していないケースも少なくないので、本音では「自己PRって、どう作ればいいの?」という人、少なくないんですよ。

 
女性 窓際

 

 
こんにちは。転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは、「自己PRの悩み」です。

 

 
実は、自己PRが上手く書けない、どう作れば良いか分からないという人、少なくないんです。

 

 
さらに、サイトやエージェントのサンプルを真似て作ってみたものの、それで良いのか実感を持てずに、不安なままの自己PRで応募して、面接に臨んでいる人は、とても多いんです。

 

 
就活の時には一生懸命作ったけど、転職の場合は学生の時とは違うでしょ。だいたい、自己PRなんて、本当に必要なの?この前行った面接では、「自己PRしてください」なんて言われなかったけど…と心の中で思っている人も、きっと少なくないでしょう。

 

 
あなたは、いかがですか?

 

 
上記の様に、職務経歴書に記載する自己PRの作成に負担を感じている人は、本当に多いですよ。

 

 
それもそのはず、自己PRなんて転職活動以外で考えるコトは、まず無いですから。

 

 
普段、自己PRを意識するコトも、作り方を教わるコトもまず無いですから…当然ですよね。

 

 
あなたは、自分の自己PRに自信ありますか?

 

 
自信をもつどころか、もしかしたら「そもそも、自己PRなんて作る必要あるの?」なんて疑問を持っていませんか?

 

 

職務経歴書の全体が、自己PRだと考えよう

 

 
自己PRの項目だけを意識して、取って付けたような文章を職務経歴書に載せて面接で話しても、それでは、「あなたが選ばれる」と言う目的を果たせない自己PRになる可能性、大です。

 

 
そうではなく、職務経歴書の全体があなたの魅力をアピールする自己PRだと考えましょう。

 

 
だからこそ、採用担当者に伝えたいあなたの魅力を、職務経歴書を書き始める前に見つけ出して、言葉にしておく必要があります。

 

 
それらに付随するエピソードなども用意しておく必要もあります。

 

 
それらを、職務経歴書のTOPの職務要約(自己紹介)にも、職務経歴の中の特記事項などにも、もちろん、自己PR欄にも、何度も何度も言葉と表現を変えて載せていきます。

 

 
そうすると、面接官や採用担当者にあなたの魅力が強く印象づけられます。

 

 
要するに、「あなたの魅力」がイメージとして採用担当者に伝わるよう、職務経歴書全体に載っているコトが大事です。

 

 
だから、まず最初に、採用担当者に伝えるべき「あなたの魅力」を言葉にしていきましょう。

 

 
それさえ出来れば、実は自己PRは出来たも同然。それどころか、転職の成功もほぼ手中にしているでしょう。まず初めに魅力を言葉にする事は、それくらい大事なんです。

 

 
もし、上記を読んで、「だいたい自分の魅力を言葉に出来ているなら、悩んでいませんよ」とイラっとされたのなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

 

 
もし、『転職の個別サポート塾』で私と一緒にワークすれば、あなたの魅力を見付け出し、採用担当者にあなたの魅力が伝わる自己PRを一緒に作り上げられますよ。

 

 
きっと、それまでの職務経歴書とは全く違う自信が持てる職務経歴書が出来上がります。そこに書かれている自己PRがあなたを転職成功に導いてくれます。

 

 
もし、あなたが自己PRの基となる自分の魅力を見つけられていないなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

『転職の個別サポート塾』お客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

もし、あなたが、希望の転職を叶えるための自己PRと職務経歴書を作りたいなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

Tagged on:
お問合わせ