「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接は、こういう準備ができると採用される確率が高まりますね

面接は、こういう準備ができると採用される確率が高まりますね

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
面接の準備」です。

 

以前
40代男性のお客様と
「二次面接対策」のセッションを
行いました。

 

ITシステムの仕事に就かれ
とても忙しく働かれている方です。

 

忙し過ぎて
面接に行く時間も
なかなか調整がつかないので

1日で
3社の一次面接に行かれたそうです。

 

精力的ですよね。

 

それに
日程調整が上手い(笑)

 

あ、でも
このスケジュール管理能力は
在職中の転職活動には
大きな武器になります。

 

特に
簡単には休めない

そして
毎日、残業が絶対ある方には。

 

限られた日に
面接を集中させないと
イケナイですから。

 

あ、話が逸れてきましたね(汗)

 

二次面接対策セッションの話に戻します。

 

 

ちょっとした違いで、面接官の受ける印象は変わる

 

お客様には
エージェントを通して
「選考通過しました」と
二次面接のお知らせが届きました。

 

その一次面接で面接官の方から
次のようなアドバイスを頂いたそうです。

 

「退職・転職理由をもう少し考えた方が良いですよ」と。

 

と言うことは
その面接官の方は

面接の最中に
既に二次面接に進めようと
考えていたんでしょうね。

 

とても有難いアドバイスです。

 

もちろん
お客様の事を
その面接官が評価してくれた
からなんですが

でも
二次面接を突破するためのヒントを
くれるなんて

やっぱり有難いですよね。

 

あ、あなたも
「私も、欲しい~」って
思われましたか(笑)

 

折角いただいた
貴重なアドバイスですから

お客様と一緒に
「一次面接の反省」と
頂いたアドバイスを活かして
「二次面接の対策」を行いました。

 

一次面接の「反省」をやってみると
面接官の指摘していた「意味」が
分かりました。

 

内容そのものがマズイのではなく

同じ内容でも
「語る視点」を変えるコトと
「言い方」に気をつける必要が
分かりました。

 

二次面接は
「所属する部の責任者」や「役員」が
出てきます。

 

その面接官が
どう受け取るか

それを
しっかり考えながら
「視点」や「言い方」を
気をつける必要があります。

 

一次面接でのお客様の話し方では

少々
「会社・上司の批判」と
感じられてしまうリスクがありました。

 

でも
内容そのものは

お客様が
今回の転職に求める事に繋がるので

変える必要はないと判断しました。

 

ここで
危ないからと言って簡単に変えては
「希望の転職」が叶わない可能性も
発生しかねないからです。

 

伝えるべき事は伝えて

それを受け入れてくれる
「良いご縁」の会社に採用される

それが
転職成功の秘訣です。

 

だから
「視点」と「言い方」には
注意しながら

ちゃんと
面接官に、お客様の「意図」が
伝わる様に

一緒に、話す内容を修正しました。

 

お客様からは
「これで安心して、二次面接に行けます」
と言って頂けたので

私としても一安心です。

 

そして結果、

そのお客様は
見事、内定をゲットされています。

 

 

このお客様のように
志望度の高い企業の場合

面接毎に
「準備」「反省」そして「準備」
を繰り返せば

採用される確率がグンと高まります。

 

もし、あなたが
一次面接には呼ばれるけど
二次面接、最終面接に進めない
と言う状況なら

転職の個別サポート塾の無料相談を
お気軽にご利用ください。

 

あなたが
ご縁のある企業に採用されるよう
お手伝いします!

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

Tagged on: , , ,
お問合わせ