「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

転職でモテたいなら、職務経歴書も自己PRも面接も「絞る」が大事です

転職でモテたいなら、職務経歴書も自己PRも面接も「絞る」が大事です

ビル 2棟

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
絞る」です。

 

『転職の個別サポート塾』の
このHPをよくご覧の方には

「また、絞るですか~」
って言われそうですが(笑)

 

でも
やっぱり「絞る」は

相手への伝わり度を高くするには
とっても大事なのです。

 

なので

転職でモテたい人

つまり
選ばれて採用されたい人は

ぜひ
続きをお読みください。

 

 

絞らないで、全部伝えようとすると、逆効果になる

 

「自己PRの核」となる言葉

つまり
「相手に伝えたい自分の魅力」

を表す言葉を見つけるのに
苦戦するお客様がいます。

 

反対に
スムーズに見つけられる
お客様もいます。

 

何が違うのだろうと分析すると

「自分の経験に秘めた自信がある」

「表面上は素直でも、心の中に頑な部分がある」

らしいのです。

 

心のどこかに
「全部伝えたい」という気持ちがあり

職歴書に載せる内容を絞ることに
どこか抵抗を感じているようなんですね。

 

自分に
自信があることは素晴らしいこと。

 

そして、
それが良い形で伝わるのが理想です。

 

しかしながら
絞りこめずに、全てを並べても

想いとは裏腹に
相手に伝わる量と質は、
落ちるだけです。

 

だから
自分が納得して
言葉を絞りこまなくていけません。

 

例え
その選ぶ作業が面倒でも

その作業こそが
自分を見直して
自信の基を与えてくれるのですから

面倒くさがらず
真っ先に行いましょう。

 

自信が無い人も絞れない

 

前述のタイプとは反対で
自信が無い人にも
載せる内容を絞り切れない人は多いです。

 

何故かと言うと

「あれも載せないと分かってもらえない」

「これも説明しておかないと誤解されるかも」

「やっぱり、これも必要かも…」

みたいに考えて
どんどん説明する文量が増えて
しまうのです。

 

「絞る」とは真逆の事を
やってしまっているので

それでは
相手(面接官や採用担当者)には
伝わらない訳です。

 

あなたは
大丈夫ですか?

どちらかのタイプになっていませんか?

 
 

経験・実績を
「これでもか~」って沢山並べても

それが
「あなたの魅力」にはなりません。

 

だから
『転職の個別サポート塾』では

まず最初に
お客様の魅力(強み)の基も
一緒に見つけ出して

それらを
絞り込んだ上で

お客様が自信の持てる
「自己PR」を作り

職務経歴書を完成させています。

 

 

もし
あなたが
自分の魅力(強み)を「絞る」が
出来ていないのなら

『転職の個別サポート塾』の
無料相談にお越しください。

 

一緒に
あなたの魅力(強み)を
見つけて言葉にしましょう。

 

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ