「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接が苦手でも、採用される話し方は出来るようになります

誰にだって苦手なものの1つや2つはありますよね。その苦手なものの中に「面接で話すこと」もあるでしょう。そんな人、少なくないと思います。

 
でも、「面接が苦手だ」と言っていても、内定に近づく訳でもないし…。実は、面接が苦手でも、採用される話し方は出来るようになりますよ。知りたくないですか。

 

 

 
こんにちは!
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは
採用される話し方」です。

 

 
「面接が苦手です」

 
「上手く話せる自信が無いです」

 
「できれば面接に行きたくありません」

 
などのように思って、面接に対してネガティブな気持ちを抱えている人は、沢山います。

 

 
特に、転職するのが初めての方や、これまで面接らしい面接を経験してない人、

 
そして、緊張すると上手く話せなくなる人、

 
さらには、メンタルが弱っていて、触れて欲しくない部分を考えると、面接で話すなんて、とんでもない
って思ってしまう人、

 
また、仕事は出来て、自信があるのに面接になると話し過ぎてしまって面接官から良い評価を得られない人、

 
などなど、私が運営する『転職の個別サポート塾』でも、上記に該当するお客様をたくさんサポートしてきました。

 

 
面接が苦手だと思われていた、そんなお客様でもサポート後には、みなさん、面接でしっかり話して転職や再就職を成功させています。

 

 
中には面接終了後に

 
「先生、上手く話せませんでした」

 
「きっと落ちました(涙)」

 
と報告されたお客様でも、ちゃんと内定をもらわれていたりします(笑)

 

 
実は、「上手く話せる」が「採用される」ではないのです。

 

 
では、「採用される話し方」とは、どんな話し方なのでしょうか?

 

 

 
 

面接で採用される話し方とは?

 

 
面接で採用される話し方、と聞いたら、あなたはどんな話し方だと思いますか?

 

 
よどみ無くスラスラと上手く話せる姿や「なんかカッコイイ」と思えるような話している姿を、想像しましたか。

 

 
もちろん、上記は悪くないですよね。

 

 
ただし、面接官が求めている内容が備わっていれば、ですが...

 

 
でも面接が苦手だと思っている人が、面接官を前にして、ドラマで見るような出来るビジネスマンのプレゼンの様に、カッコイイ内容をスラスラ、テキパキ話すなんて、急に出来るようには、なり難いですよね。

 

 
ましてや、それでは本人らしさとは違ってくるでしょう。

 

 
実は「採用される話し方」の一つは、自分らしい話し方だと思います。

 

 
なぜなら、面接官は安心したいからです。

 

 
その応募者を採用して良いか、安心が欲しいのです。

 

 
入社後のコトは、誰も保証してくれないので、面接で見抜くしかありません。

 

 
なので、その応募者が言っているコトが本当なのか、信用できるのか、それを見抜きたいのです。

 

 
それを見抜くには

 
「自分らしく話しているか」

 
そして
「話に一貫性があるか」

 
を見ていくのです。

 

 
もし、あなたが、どこからか借りてきたような話を面接のために準備して話せば、自信が持てていないのですから、自分らしく話すのはとても難しいでしょう。

 

 
また、質問された毎に「良さそうな」回答をしていれば、回答毎にブレが出て、面接官に、一貫性が無いコトを感じ取られてしまうでしょう。

 

 
ましてや、そんな状態で面接に臨めば、内心は、堂々としていられないでしょうから、そこにも面接官に「安心感」を与えられないリスクが潜んでいます。

 

 
面接で採用される話し方は、良く見せようなどと思わずに自分らしい内容を一貫して堂々と話す事なんだと思います。

 

 
ただ、コレは、残念ながら、言うは易いですが、実行するのは簡単じゃないんです。

 

 
特に、面接が苦手な方が、面接の練習だけでなんとかしようとしたら、それは、かなりの難関になります。

 

 
でも、職務経歴書を作る段階から面接で話すコトを前提に作れば、それが、それほど難しいコトではなくなります。

 

 
だって、職務経歴書を自分らしい内容で、初めから最後までアピールする内容を一貫して作るコトが出来たら、前述の課題はクリアできるでしょ。

 

 
それに、そういう職務経歴書なら、自信が持てる内容になっているから、堂々と面接にも臨めますよね。

 

 
だから『転職の個別サポート塾』で職務経歴書を一緒に作ったお客様はみなさん、面接が苦手であっても転職を成功させている訳です。

 

 
よろしければ、あなたも面接の苦手意識を克服できる職務経歴書を『転職の個別サポート塾』で私と一緒に作りませんか?

 

 
でも、もし、既に面接に呼ばれているなら、面接の対策(準備)を『転職の個別サポート塾』で行ってから
面接に行きませんか。

 

 
面接の苦手な少なくない方が「無料相談」+「1回サポート」のパターンで、転職を成功させています。

 

 
あなたも「面接への苦手意識」を軽減して、内定を獲得しませんか?

 

 
もし、あなたも面接が苦手だなぁと思っているなら、まずは『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 
どうしたら面接が苦手じゃなくなるか、あなたの希望が叶うか、一緒に考えてサポートしますので。

 

 
一緒に転職を成功させましょう!お手伝いします。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ