「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

自己PRが苦手なのに、面接官に良い印象を与えられる方法とは…

自己PRが苦手なのに、面接官に良い印象を与えられる方法とは…

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
良い印象を与えられる方法」です。

 

転職活動を始めると

やれ『自己分析』だ

やれ『自己PR』だ

って
日頃やらないコトをやるので

「あ~、嫌だ」

「もっと簡単にならないかな」

ってなりますよね。

 

ましてや
自己PR』では

自分のコトを
採用担当者や面接官に
アピールしなくてはならない。

 

本音で言えば

「そんなアピールするコト無いし」

「どう話せば良いか分からないし」

って感じですよね。

 

でも
採用担当者や面接官に
アピールしなきゃ

他の応募者に勝って
採用される可能性は低くなる。

 

「あ~、どうしたイイの…」
なんて思う人いるでしょう。

 

実際
転職の個別サポート塾の
お客様の半分以上が
上記のような心情だったようです。

 

でも
みなさん
職務経歴書でも
面接での話でも

しっかり
自分のコトを伝えて
採用されています。

 

すごくアピールしたのか
と言えば
そうでもなく。

 

面接官の印象よろしく
他の応募者に競り勝って
採用されています。

 

何故
それが可能になるのでしょう。

 

自己PRが苦手な人でも
なぜ、面接官に良い印象を
与えるコトが出来るのでしょう。

 

 

内定ゲットに、特別なアピールは必要無い

 

面接官が知りたいのは
「その人を採用して良いか」
が分かるコト。

 

だから
あなたが面接官に
「私を採用しても大丈夫ですよ」
とちゃんと伝えられれば
面接官は安心します。

 

そう
その『安心感』がKEYです。

 

だから
『あなたらしさ』
が大事。

 

面接用に自分を作って
いつもの自分じゃない自分について
一生懸命話しても
面接官は安心できません。

 

そうなれば
内定を出すのをためらいます。

 

きっと他の応募者を
採用するでしょう。

 

あなたらしい
職務経歴書の内容なら

あなたらしい
面接で話す内容なら

面接官は
「ブレが無く一貫している」
コトを感じるでしょう。

 

それが
『安心感」を与える基です。

 

『あなたらしさ』を
表現して、相手に伝えるには

あなたの
仕事をするときの
あたり前』が
とても大事になってきます。

 

多くの転職者が
自分でない何者かになろうとして
切り捨ててしまう『あたり前』を

あなたは
しっかり拾い上げて

それを
採用担当者や面接官に伝わるように
言葉と表現を磨けば

『あなたらしい』
そして『相手に伝わる』

職務経歴書や面接での話しが
出来る様になります。

 

そうなれば
「自分をアピールするのは苦手で」
って思っていたあなたも

面接官に良い印象を与えるコトが
出来るようになり

『内定ゲット』に
一歩も二歩も近づけますよ。

 

転職の個別サポート塾の
沢山のお客様が作られて
転職を成功させた

自分らしい『自己PR』を載せた
職務経歴書を
あなたも作りたかったら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ