「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

転職で意識すべき3つの存在とは、自分と採用担当者と△△△△です!

転職で意識すべき3つの存在とは、自分と採用担当者と△△△△です!

書類 スマホ

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
意識すべき自分以外の存在」です

 

タイトルに
自分と採用担当者と△△△△なんて
もったいつけて書きましたが(笑)

 

△△△△には
何があてはまるか

あなたは
もうお分かりですよね。

 

「えっ、分からないですか…」

 

それでは
下記に説明をしていきますので
ご覧ください。

 

 

他の応募者は、△△△△です。

 

意中の企業に応募すると、
他の応募者すべてが
あなたのライバルです。

 

あたり前ですね。

 

「恋の」ならぬ
「転職の」ライバルです。

 

まず、
会う事も無いライバルですが(笑)

 

会う事が無いから
あまり意識されないと思いますが

実は
転職活動では
1社に応募した際

少なくても
100名程度のライバル

人気の求人だと
何百名のライバルと
知らない間に戦っているのです。

 

そのライバル達はみな
似たような職務経歴書で
応募しています。

 

そんな状況の中で

もし
あなたが

あなたの事が
採用担当者や面接官に
伝わり易い職務経歴書の
内容、表現にできて

ライバル達と
伝わり方で差が出せると、

間違いなく
面接に呼ばれ易くなります。

 

そう思いませんか?

 

 

だから、自分以外の存在を忘れずに!

 

あなたが、
転職活動で意識すべき対象は
3つあります。

 

まずは、
自分ですね。

それから、
採用担当者や面接官です。

そして、
ライバルである他の応募者
の存在も忘れずに。

 

と言うコトですね。

 

ライバルを意識するなら

多くのライバルが
面倒臭がってやらないコトを
あなたはしっかり行って

職務経歴書の伝わり度を
高めると

アピール出来て
差をつける事ができます。

 

それが出来れば
面接に呼ばれる確率が
かなりアップしますよ。

 

『転職の個別サポート塾』で
お客様と一緒に作った職務経歴書は

ライバルである他の多くの応募者の
似たり寄ったりの職務経歴書の中で
独特の光を放って

採用担当者の目に留まり
興味を持たれて

面接に呼ばれる度が
2~4倍にアップします。

 

そして
面接で堂々と話せるようになり、

面接官は
「職務経歴書」と「目の前のお客様」の
イメージに重なりを感じ
安心するようになります。

 

そうすると
沢山の応募者の中から選ばれ
内定をもらい易くなる訳ですね。

 

もし
あなたも

ライバルである
他の応募者に勝って

採用担当者が
「会いたい」「採用したい」
と思う応募者になるための

職務経歴書を
作りたいと思うなら

『転職の個別サポート塾』の
無料相談をご利用ください。

無料相談は「ご来社」だけでなく、「スカイプ」でも行っていますので、お気軽にご利用ください。

 

お使いの職務経歴書の診断も行い
適切なアドバイスを差し上げます。

 

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

無料相談は「ご来社」だけでなく、「スカイプ」でも行っていますので、お気軽にご利用ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

Tagged on: , , ,
お問合わせ