「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接官に自分の魅力を印象強く伝えるコツを知っていますか?

面接官に自分の魅力を印象強く伝えるコツを知っていますか?

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

今日は

印象を強く伝えるコツ

についてお伝えします。

 

 

いきなりですが、
ココは、面接室だと思ってください。

 

目の前には
40代男性の面接官が座っています。

 

ここまでは
なんとか、良い感じで
進んできています。

 

このタイミングで
面接官から
「あなたの強みは何ですか?」と
聞かれました。

 

そこで、あなたは
用意してきた
「自己PR」を話そうとしています。

 

たとえば

「私は、どんな仕事も真面目に取り組みます。」

って話したとします。

 

「私はそんな話仕方をしない」
と思われた方

そうだと思いますが、、、

まあ、固く考えず
もう少しだけ読んでみてください。

 

まあ
上記のような
「私は、どんな仕事も真面目に取り組みます。」
というような伝え方では
面接官にはあまり伝わりません。

 

それどころか
ウンザリされてしまうかも。。。

 

では
自分の魅力として
「真面目さ」を面接官に伝えたい時
どうしたら良いでしょうか?

 

一つの方法として

伝えたい事をそのまま言うのではなく
まず、それを一回否定してから話して

面接官に与える印象を
強くする話し方(伝え方)があります。

 

どんな方法か、と言うと…

 

伝えたいコトを一回否定すると、印象が強くなる

 

例えば
以前流れていた
『ゆうパック』のCMで

ダウンタウンの松ちゃんが
真面目くさった顔で
荷物を持って走っている映像に

「バカがつくほど真面目です」と
テロップやナレーションが入っていました。

 

その「バカがつくほど」が
前述の「否定」に該当する部分です。

 

「バカ」は、
素敵な言葉ではないですが

真面目を強調する目的なら
このケースは効果的な使われ方です。

 

まあ
CMは映像で印象強く出来ますし

ましてや
松ちゃんがゆうパックの配達~
ってギャップで、印象増しですから

職務経歴書や面接の自己PRでは
ちょっと太刀打ちできませんが

それでも
否定してから、言いたいコトを話すと
面接官に少しは伝わるように
なるでしょう。

 

例えば
あなたの魅力として
「真面目さ」を伝えたいのであれば

下記のように
話してみるのは如何でしょうか?

 

/////////////////////////

私は同僚から「少し手を抜いて楽にやったら」と言われるくらい、不器用なほど真面目に仕事に取組みます。与えられた仕事は責任持って期限を守り、しっかりやり遂げることには自信があります。

/////////////////////////

 

上記のように

「不器用」という言葉を
CMの「バカ」の代わりに使うと

「真面目さ」の印象が強まりますよね。

 

ちょっとした
表現の工夫をするコトで

面接官の印象を
良くする自己PRをするコトが
出来るようになります。

 

あなたは
面接官にあなたの魅力が
伝わる工夫をしていますか?

 

自分の強み(魅力)が
面接官に伝わる話し方を
したいと思うなら

転職の個別サポート塾の
無料相談お越しください!

 

あなたの
転職成功をお手伝いします!

 

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ