「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

あなたの転職活動が上手くいかない3つの本質的な要因

短期離職だから、転職回数が多いから、年齢が高いから、など転職活動が上手くいかない理由を挙げることは簡単ですが、でも、その理由は、本当(本質的)な理由ではありません。知っていますか?

 
男性 頭かいて悩む

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは「転職活動の障害となる要因」です。

 

 
『転職の個別サポート塾』では、お客様から下記のフレーズをよく耳にします。

 

 

  • 年齢が上だから
  •  

  • 転職回数が多いから
  •  

  • 退職理由、本当の事は言えないから
  •  

  • 誇れるキャリアが無いから
  •  

  • 未経験職だから…
  •  

  • 短期離職だから…

などなど…
 

 
転職活動が順調に進められない要因を、上記のようなハンデのせいにする人が多いですが、本当にそうでしょうか?

 

 
だって、それらのハンデを乗り越えて転職や再就職を成功させている人は、沢山いらっしゃいますよ。

 

 
私がサポートしたお客様の多くも、もちろん、乗り越えられています。

 

 
だから私は、ハンデはあっても、適切な活動をすれば、転職も再就職もちゃんと成功できると思っています。

 

 
実は、転職活動を上手く進められない理由には、下記の3つの大きな要因があります。

 

 

 
 

転職活動を邪魔する要因は、この3つのLOWだ

 

 
何事にも大事なのが、何故上手くいかないのか「要因」を見つけて、それを解消するコト。

 
では、これから、その「転職・再就職活動が上手く進まない要因」の3つの「LOW」を見ていきましょう。

 

 

具体化度の低さ

 

多くの方が、下記の項目について、漠然と考えています。

 
つまり、具体化度が低いのです。

 
具体的に出来ないと、実現できる確率が低くなるのは、ご承知の通りです。

 
1)この転職に求めるもの

2)この転職で活かせる自身の魅力

3)この転職が成功しない場合のリスク

 

 

オリジナル度の低さ

 

本当に便利な時代になりました。

 
サイトを探せば、関単にノウハウや例文が沢山見つかります。

 
なので、体裁の整った似通った自己PRや応募書類が氾濫しています。

 
でも、他の応募者と同質化した職務経歴書や面接での話す内容では、あなたが「選ばれる」からは遠ざかっていきます。

 
だから、「あなたらしさ」が表現されているオリジナリティーのある内容が大事です。

 
ですが、自分を一番アピールできる、自分だけのオリジナリティー溢れる応募書類を作る「工夫や努力する」のが苦手な人、本当に多いのです。

 

 

行動量の不足

 

転職・再就職の成功を心から願うなら、「もっとやれるコトは無いか?」と貪欲に行動されるべきだと思うのですが、

 
「こんなもんかな」って感じで終えてしまい、あと一歩も二歩も行動が足りていない人が多いように思います。

 
それでは、チャンスの女神に出会えないままのケースが多くなっても、致し方ないように思います。

 

 

 
これら3つの要因は、『転職の個別サポート塾』で、私がお客様をサポートしながら日々、感じているコトです。

 

 
つまり、これら3つの要因を乗り越えれば、あなたの転職活動は順調に進めていけるのです。

 

 
あなたの転職活動は、順調ですか?

 

 
もし、順調でないなら、あなたには、上記の3つに思い当るコトは無いですか?

 

 
もし、「あ、コレに該当してる」と感じたものがあったら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。転職を成功させるには、何をすれば良いか一緒に考え
アドバイスします。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ