「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

転職で、エビデンス(証拠)を上手に使えていますか?

転職で、エビデンス(証拠)を上手に使えていますか?

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
エビデンス(証拠)」です。

 

証拠なんて言うと

刑事ドラマなどで

私が、犯人だと言う
証拠があるのですか?

と、容疑者が言っている場面を
イメージして物騒ですが(笑)…

 

今日お伝えしたいのは
刑事ドラマの話ではなく
転職活動での証拠の話です。

 

evidence(エビデンス)
を辞書で引くと

(立証するための)証拠
と出てきます。

 

つまり
そう言うコト

立証する必要があるのです。

転職活動でも。

 

裁判ならぬ面接の場面で

裁判官ならぬ面接官の問いに

回答することで
立証する必要が出てくるのです。

 

「何を?」

 

それは、

あなたが
書いた、話した
「自己PR」などの内容に対して
採用担当者や面接官が抱く

本当に出来たの?

これから、やれるの?

口先だけじゃないの?

と言う疑問に対して

 

私は本当にやってきたんですよ

御社に入っても、やれますよ

と、立証する必要があるんです。

 

そのためには
経験の具体的なエピソード

その語るべき
エビデンス(証拠)になります。

 

だから
職務経歴書には

その具体的なエピソードは
全部を書かずに

面接官から
質問されるように仕向けて

エビデンス(証拠)として
回答してあげると

あなたの印象が良くなり
内定がもらい易くなると言う訳。

 

これから
職務経歴書を作るなら

このカラクリを
是非、試してみてください。

 

このカラクリが分かると
職務経歴書を作るのも

結構、
楽しい作業になると思います。

 

ただし
いくら良い実績をあげた経験でも
単にエピソードだけを載せていては

採用担当者や面接官に
興味を持ってもらうのは難しいので

そこが
少々難しいところですが…

 

え~、じゃあどう使えばいいの?

どのエピソードを使えば良いんですか?

などと
悩まれる方は、

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

あなたが面接で
堂々とエピソードを語って
面接官に興味を持ってもらえるよう
サポートします。

 

あなたの転職成功
お任せください。

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ