「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

読みやすい文章で職務経歴書を作らないと、面接に呼ばれる確率が下がります

仕事では、分りやすい文章を心がけている人でも、応募書類、特に職務経歴書になると、決して読みやすいとは言えない文章で作ってしまう人が少なくありません。「面接に呼ばれる件数が少ないなぁ」と感じている原因は、その読みにくさにあるのかもしれませんよ。

 
女性 資料見て苦虫

 

 
こんにちは!
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは、「読み易い文章」です。

 

 
あなたは本やサイトを読もうとして

「読み辛いなぁ」

「意味が分かり難いなぁ」

と思ったコトはありませんか?

 

 
そんな文章に出会うと

読み始める前は
タイトルや帯コピーなどで
湧いていた興味が

一気に引っ込んで冷めてしまい
読むのを止めてしまいませんか?

 

 
そう言う文章に出会うコト
私も、たま~にあります。

 

 
あ、
企業で採用責任者だった時は

そう言う職務経歴書に
よく遭遇していました(笑)

 

 
読み難い
内容が分かり難い
言いたいコトが伝わってこない

と感じたら
先に読み進めないので
書類選考、落選です。

 

 
それでも
時間の余裕があるときや
応募者の経歴がユニークな場合など
頑張って読んでみるんですが、

何回も読んで、段々と
意味が分かってくる場合がありました。

 

 
ある意味
噛めば、噛むほど味が出る
って感じでしょうか(笑)

 

 
imag0757

 
 

採用担当者が望んでいる職務経歴書は…

 

 
でも
多くの採用担当者はヒマじゃないので

読み難い文章を解読しながら読む
なんてコトはしません。

 

 
採用担当者が望んでいるのは、

パッと見て
スッと意味が分かる
スムーズに読める文章です。

 

 
採用担当者や面接官を
味方につけた方が
採用される確率が高まりますよね。

 

 
もし、味方にしたいなら
忙しい採用担当者に対して
優しい職務経歴書を作りましょう。

 

 
パッと見て

スッと意味が分かる

スムーズに読める文章

が、とても大事です。

 

 
『転職の個別サポート塾』をご利用されたお客様の面接に呼ばれる確率が2~4倍になるのは、採用担当者に優しい読み易い職務経歴書を、私と一緒に作ったからです。

 

 
あなたも一緒に作りませんか?

 

 
そして、転職を成功させませんか?

 

 
もし、あなたも採用担当者や面接官が読みやすい職務経歴書を作って、面接に呼ばれ、内定を獲得したいなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、そんな「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ