「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

あなたの転職成功を邪魔している要因の1つは、転職理由かもしれません

面接官は「どうして転職活動を始めたのですか?」って感じで、転職理由を訊いてきます。そして、その回答に納得できるか、他の質問への回答との一貫性や整合性があるかなども感じ取ろうとしています。それが得られなければ、内定からは遠ざかってしまうでしょう。

 

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です

 

 
今日のテーマは、「成功を邪魔する転職理由」です。

 

 
あなたの転職活動は、順調ですか?

 

 
面接に呼ばれていますか?そして、面接官と良いコミュニケーション取れていますか?

 

 
自信を持って、あなたの伝えたいことを、面接官に伝えられていますか?

 

 
転職理由はいかがですか?

 

 
実は、転職活動が上手くいっていない少なくない方が、転職理由の伝え方に問題を抱えています。

 

 

 
 

転職したいと思った原因に対する「気持ち」が、問題かもしれません

 

 
労働条件や職場環境が嫌だから、転職したいという方は多くいます。

 

 
特に、残業が多くプライベートの時間が持ち難いという方も多いですね。

 

 
しかしながら
残業が多いから、転職したい
と面接官に訴えても、

 
そうですか。では採用します
なんてコトにはならないですよね。

 

 
なので、私は、『転職の個別サポート塾』で、お客様からご事情やお気持ちをしっかりお聴きしたら、

転職したい原因になった「その理由(気持ち)」は、とりあえず横に置いておきましょう

とお伝えしています。

 

 
その気持ちを持ったまま転職(退職)理由を作り、その延長で職務経歴書を作ると、その気持ちが、そこかしこにプンプン匂って、採用担当者や面接官が興味・好感を持てる職務経歴書にはならないからです。

 

 
なので、希望する条件や環境はもちろん求めて良いですが、職務経歴書をつくる上では、そして、面接の回答を作る上では、その条件や環境は一旦忘れてしまいましょう!

 

 
そうすれば、素直に自分と向き合い、「何故、転職したいのか?」を考えることが出来ます。

 

 
条件や職場環境に基づく選別は、

「応募するかを検討する時」や

「内定面談で入社するかの検討時」

に行えば十分です。

 

 
上記のように、転職したくなった原因に対する気持ちから離れて、転職先でどんな風に働きたいのかから考える転職理由にしていきましょう。

 

 
そうすれば、きっと転職活動を上手く進めることが出来るようになるでしょう。

 

 

 
 

今、良い職場に勤めている人は、特に要注意です。

 

 
今の職場が嫌だ、転職したいと思っていても、傍目から見たら「とても良い企業」に勤めている場合、

 
転職理由が、採用担当者や面接官にとって納得できる内容でないと、不採用につながる危険性は高くなります。

 

 
採用担当者や面接官からすれば

「良い企業に勤めているのに…」

「良い仕事をしているのに…」

と考え、

 
「話せない問題でもあるのかな?」

と疑いたくなるからです。

 

 
採用担当者や面接官に、そんな余計な疑いを持たせないためにも、他の回答と一貫性のある納得できる転職理由を用意しましょう。

 

 
もし、あなたが転職理由をどう表現すれば良いのか悩まれているなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください!あなたの希望を叶えるために適した転職理由を一緒に考えます。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、そんな「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ