「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

40代、50代でも、相談に乗って寄り添ってくれる転職サポートとは

たとえばDXに関連する仕事に携われる人なら、今は引く手あまた状態です。ですが、そんな専門性がない職務で、40代半ば以上、特に50代となると、想像以上に厳しい転職活動になってしまうことは、なんとなく分かりますよね。

 
そして、そんな状況に直面した40代、50代の転職者は、表にはださないものの「不安で心細い、この自分の気持ちに寄り添って、相談に乗ってくれる相手(専門家)が居たらなぁ」と心の中で思っています。

 

 

 
こんにちは!
転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

 
今日のテーマは、「40代、50代でも、相談に乗って寄り添ってくれる転職サポート」です。

 

 
引く手あまたの専門性のある仕事に携わっていなければ、40代、それも40代後半、そして50代の人にとって、転職で自分の希望を叶えるのは、かなり難しく厳しい状況になっています。

 

 
既に、その厳しさを体験して、気持ちが萎えてしまったり、弱気になってしまった方も多いことでしょう。

 

 
あなたは、いかがですか?

 

 
転職が難しいと感じて、外にでるのは諦めて、このまま我慢して働き続けますか?

 

 
それとも、たとえ難しくても、やっぱり転職したいと思っていますか?

 

 
もし、あなたが後者なら、ぜひ下記もお読みください。

 

 

 
 

希望を叶える方法(選択肢)は幾つもある

 

 
あなたが、本当に(心から)望むことが明確なら、それを叶えるための方法(選択肢)は、考えていけば絶対にあるはずです。

 

 
あなたの望み次第ですが、1つの場合もあれば、幾つも見出すことができる場合もあります。

 

 
ただし、表面的な望みで、誰でも行う「あたり前」の事しか検討しないならば、見出すことは難しいかもしれません。

 

 
そうでなくても、知らない道(方法)は、検討(選択)しようがないので、見出すことは不可能でしょう。

 

 
その上、転職活動の厳しさを体感し始めると、心配と不安がどんどん大きくなって、それが余計に視野や思考の幅も狭めていきます。

 

 
そうなったら、人はむやみに傷つきたくないので、やらない理由を探し始めますし、やがて諦観の境地が訪れる訳です。

 

 
そうならないためにも、また、その境地から脱却するためにも、「あなたの希望を叶える可能性(選択肢)」を知っておく必要があります。

 

 
その「可能性(選択肢)」を知れば、きっと諦観なんて境地には至らないでしょう。

 

 
たとえば、今年(2022年)『転職の個別サポート塾』をご利用になられた、大企業の役職定年を過ぎた57歳男性の方は、自分の叶えたい「働き方」と「職場」を明確にして、求人が出ていないにも関わらず、第一志望の企業に応募して、見事に採用されています。

 

 
上記のお客様以外にも、少なくない40代、50代のお客様が望みを叶えられています。つまり、可能性(選択肢)は、あるのです。

 

 
もし、 あなたも叶えたい密かな望みがあるなら、なるべく早く『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。あなたが、40代後半でも、50代でも、寄り添ってサポートいたします。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ