「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

短期離職や転職すぐの再転職でも、気にせず内定をもらうには

短期離職や転職すぐの再転職でも、気にせず内定をもらうには

 

 

 

 
こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは
短期離職について」です。

 

 
1~3ヶ月の試用期間で辞めた方や

 
半年前後や1年未満で辞めたい方など

 
転職して入社した会社を
短期間しか働いていないで退職されたり
転職活動を再び始められる方からの

 
ご相談やサポート依頼が
『転職の個別サポート塾』では
最近ますます増えてきました。

 

 
入社して、すぐ転職を考える状況や
短期で離職してしまった状況で

 
多くの方は
これは大きなハンデになった」と思われ

 
日が経つにつれて段々と

 
思い通りの転職は難しいかも
とも思われ

 
どんどん不安が
大きくなってくるようです。

 

 
その中でも
1~3ヶ月の試用期間で辞めた方は特に

 
精神的に
かなり追い詰められるコトもあるようです。

 

 
『転職の個別サポート塾』で私は、

 
多くの短期離職の方や
転職後すぐ、再転職される方の
サポートしてきましたが

 
やはり、みなさん
はじめは、かなり追い詰められた状態で
ご利用になられました。

 

 
でも、サポート後には

みなさん
短期離職をものともせず
しっかり、
ご希望の転職を果たしています。

 

 
何故、それが可能なのか
知りたくないですか?

 

 
それは

 
サポートを受けた後のお客様は

 
それまですごく不安に感じていた
「短期離職」に向いた意識を
感じるコトが無くなり

 
面接本番で堂々とされているからです。

 

 

 

 

短期離職でも、なぜ堂々としていられるのでしょう

 

 
それは、

転職したばかりで
辞めた・辞めたい理由を、

隠さず
誤魔化さず

それも
言い訳がましくなく

伝えるからです。

 

 
どうです?

それなら
堂々としていられますよね。

 

 
え、でも正直に話したら採用されないんじゃないですか? その方が心配なんですけど…

と思った方もいるはずです。

 

 
あ、あなたもそう思いましたか。

 

 
まあ、そう思われるのが普通ですよね。

 

 
でも
正直に言わないで
堂々としていられないなら

採用される確率は
どんどん下がるでしょう。

 

 
ならば
正直に言って
堂々としていられた方が
良いと思いませんか?

 

 
面接に臨む気持ちも
きっと全然違いますよね。

 

 
その「違い」が
良い「ご縁」を運んできます。

 

 
だから
堂々としていられるためにも

 
辞めた理由を
「隠さず」
「誤魔化さず」
「言い訳がましくなく」
伝えちゃった方が良いのです。

 

 
でも
それには、注意点が3つあります。

 

 

 

 

短期離職の理由を正直に伝える時の「3つの注意点」

 

 
「短期離職」の理由を
ばか正直に言ったのでは

 
もしかしたら
内定には遠くなってしまう
かもしれません。

 

 
なので
短期離職の理由を
正直に伝える時には
注意点すべき点が3つあります。

 

 
1つ目は
悪口にならないように

 

 
2つ目は
少し自虐を入れる

 

 
3つ目は
面接官に納得感を与える

 

 
これらの内容が出来ていれば
短期離職」も怖くはありません。

 

 
堂々と面接に臨んで
内定をゲットできます。

 

 
転職の個別サポート塾では
上記をお客様と一緒に作っているので

 
みなさん
短期離職に負けるコト無く
転職(再就職)を成功させています。

 

 
例えば、下記のようなケースもあります。

 

 
有名外資系企業を
試用期間で辞めさせられた
20代後半の男性

 

 
転職先の社長との方針が合わず
試用期間で辞めてしまった
40代男性

 

 
入社してみたら、面接での話と
大きく違っていたので1ヶ月で辞めた
30代男性

 

 
入社してみたら、社長の話とは違い
財務状況が火の車で2ヶ月で辞めた
30代男性

 

 
希望通りの転職先だったのに
配属された部署の上司と全く合わず
半年で辞めざる得なくなった
30代男性

 

 
入社後しばらくの些細な言動で
職場で働き辛くなり転職を考えた
40代男性

 

 
未経験職で入社したものの
活躍できず、1ヶ月で解雇になった
40代男性

 

 
面接で聞かされた状況とは
まったく違う職場環境でパワハラもあり
約半年で退職せざる得なくなった
30代女性

 

 
などの沢山のお客様が
短期離職を気にせず
転職(再就職)を成功させています。

 

 
3つの注意点を活かした
面接官への話し方は
その人の置かれた状況で違いますので

 
ここで
具体的にお伝え出来ないのが
残念ですが

 
もし、あなたが
既に短期離職されていたり
短期での再転職を決意されていて
上記の3つの注意点に興味があるなら

 
転職の個別サポート塾の
無料相談をご利用ください。

 

 

 

 
あなたが短期離職でも
堂々と面接に臨めるようサポートします!

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 
もし、
あなたが既に離職されていて
できるだけ早く転職したいと思い
すぐにでも
無料相談に申し込みたい場合は
下記に、ご登録ください。

 

※現在、コロナウイルスで不安な状況が続いていますが、不安な方はスカイプで行えますので、「スカイプ希望」と書き添えてください。

 

 

※お申込み完了後、
 メールが届きますので必ずご確認ください。
 メールが確認できない場合、
 お手数ですが、
 迷惑メールボックスの確認をお願いします。

 

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
電話番号
相談面談セッションの予約希望日時 ※必須

≪記入例≫第一希望:●月●日●時~第二希望:●月●日●時~第三希望:●月●日●時~【注】基本は対面です。スカイプをご希望の方は、「スカイプ希望」と記入してください。お願いします。
自由欄(事前の質問や相談などがあれば)


 

 
※現在、コロナウイルスで不安な状況が続いていますが、不安な方はスカイプで行えますので、「スカイプ希望」と書き添えてください。

 

 
※転職の個別サポート塾の無料相談のお申込みは、上記の登録からお願いします。

 

 

Tagged on: