「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

「面接の準備」は、職務経歴書を作る段階から並行して行うと、面接アレルギーを減らすことが出来ます。

、「面接準備」は、職務経歴書を作る段階から並行して行うと、面接アレルギーを減らすことが出来ます。

若い男性 面接

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日はのテーマは
「面接アレルギーを減らす面接の準備」
についてです。

 

職務経歴書を作る目的は、何だと思いますか?

 

それは、
あなたが応募企業から
「選ばれる」ためですよね。

 

あたり前過ぎますね(笑)

 

つまり、
職務経歴書は

あなたの「パンフレット」であり
お見合い写真&プロフィール」であり
「選挙候補者のビラ」である訳です。

 

では、
選ぶのは、誰でしょうか?

 

そうです。

応募企業の採用担当者です。

 

その採用担当者が、あなたの職務経歴書に興味を持たなければ、書類選考は通過せず、面接にも呼ばれない訳です。

 

仮に面接に呼ばれたとしても、面接官と言う採用担当者の興味を深め、安心感や期待感を与えられなければ、最終的に「選ばれる」のは、他の応募者、つまり「あなたのライバル」になってしまう訳です。

 

つまり
面接に自信を持って堂々と臨みたければ

採用担当者が興味を持つ
「あなたの魅力が明確な」

そして
「あなたが自信を持てる」
職務経歴書を作れば良いのです。

 

そのためにも
自分のことばかりを考えないで

採用担当者が何を知りたいのか

そして
あなたの何に興味を持つのか

をよく考えながら
職務経歴書を作りましょう。

 

面接の苦手意識を減らすには
自信の持てる職務経歴書を作り

職務経歴書を作りながら
面接の準備行うのがとても有効です。

 

 

多くの人は、採用担当者の読み方が分かっていない

 

「採用担当者が、応募者の職務経歴書を、どう読むのか、その読み方を考えた方が良い」と言うコトは頭で分かっても、

実際に
採用担当者の経験

それも
採用責任者としての経験が無ければ

想像しても良く分からないと言うのが
多くの人の悩む点でしょう。

 

でも、想像で良いので、「自分が採用担当者だ」と思い込んで、自分のコトは一時忘れて、自分の職務経歴書を採用担当者のつもりで読んでみてください。

 

1)興味持てますか?

2)期待出来そうですか?

 

上記1)がYESなら、面接に呼ばれる可能性はあります。

2)もYESなら、もっと可能性が高まります。

面接に呼ばれたら、もっと興味を持ってもらい、期待を高められるように、エピソードも織り交ぜて話せば良いのです。

 

反対に、1)がNOなら、どうして興味を持てなかったのしょうか?

何を書いてあれば、興味を持てそうでしたか?

どう書いてあれば、興味を持てそうでしたか?

それを考えてみましょう。

 

転職だと思い、自分のコトだと思うから、特別な事だと感じて分からなくなりますが、

あなたがお客様で、営業から商品を勧められているとしたら、もっとドライに、そして、もっと気楽に、好き・嫌いを感じ取れるでしょうし、どの点が良い・悪いも分かるのではないですか?

 

採用担当者の気持ちで自分の職務経歴書の内容を見直しながら、面接で話すことも考えて、職務経歴書を作り直してみましょう。

 

きっと
面接に行くのが
そんなに怖くなくなっていますよ。

 

もし
あなたが
面接が苦手で

上記の内容を試してみたけど
「上手くできない」
「よくわからない」
そんな状態なら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

転職の個別サポート塾の
お客様の多くも
面接が嫌い、苦手でしたが

転職の個別サポート塾で
一緒に職務経歴書を作りながら
面接の準備を行ったら

皆さん、転職成功させています。

 

どうぞ、
あなたも続いてください。

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

もし、あなたが
面接に呼ばれる職歴書を作って
自信を持って面接に臨みたいなら
無料相談をご利用ください!

「転職を成功させたいなら」
「転職に悩んでいるなら」
「再就職を早く決めたいなら」

まずは、転職の個別サポート塾の無料相談を受けてみませんか? あなたの状況をしっかりお伺いします。そしてあなたの不安や悩んでいる点をお聴きします。その上で、あなたの転職・再就職を成功させるための改善点をご説明致します。

 

 

 

お問合わせ
-->