「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

転職活動を始める前に、ぜひ知っておいて欲しい3つの注意事項

世の中で生きていると、「そのことを先に知っていたら、今、こうなっていないよな~。それ、もっと先に知りたかったな~」と思うようなこと、ありますよね。まあ「たら」「れば」は、あまり考えない方が幸せに生きていけると思いますが…。なので、今日は、転職活動を始める前に、ぜひ知っておいて欲しい3つの注意事項をご紹介します。

 
女性1 (2)

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です

 

 
今日のテーマは、「転職活動を始める前に知っておいて欲しい注意事項」です。

 

 
私は日々『転職の個別サポート塾』で、転職・再就職活動中の様々なお客様に出会い、今年(2022年)4月までに900名のお客様の転職成功をサポートしてきました。

 

 
そのサポートをしてきた中で感じた転職活動を始める前にぜひ知っていた方が良いと思える注意事項を、今日は3つお伝えしたいと思います。

 
 

 
 

後悔先に立たず。出来る限り在職中に転職先を決めましょう

 

 
理想的な順番は、転職したい企業から内定を獲得してから、現職に退職願を提出することです。

 

 
間違っても、「転職したいから、先に退職願を提出しちゃった。」なんてことをしないようにしましょう。

 
 
私のところには、退職してしまって、半年や1年以上、自分の力だけで再就職活動を行い、なかなか転職先が決まらずに、疲れ果て、不安と心配が極限に達したお客様も、ちょこちょこご利用になられます。

 

 
そのお客様たちから、「あの時は辞めるしかなかったと思ってたけど、今考えれば、在職中に大変でも転職活動をしっかり行って、転職先を決めてから退職すれば良かった。」とか、「退職した方が、転職(再就職)活動が進められると思っていたけど、そうでもないし、精神的にけっこう辛くなってくるんですよね~。」とか、お聴きすることがよくあります。

 

 
まさしく、お客様が感じた通りで、離職してしまってからの転職(再就職)活動は、在職中の転職活動には感じられなかった不安や心配で焦ってしまう危険性が高く、活動を始めてから「先に退職しなければ良かった」とか、「転職活動をしない方が良かった」なんて後悔するようになるかもしれないのです。

 
 
これ、経験してみないと分からない焦りや後悔なので、危険なのです。一人で転職(再就職)活動をしていると、そのぬかるみに一旦はまると、どんどん底なし沼のようになっていって、一人では抜け出せないケースもあるのですから、怖いですよ。

 

 
なので、転職活動に専念したいから、先に辞めちゃおう、と安易な退職はしない方が得策ですよ。

 

 
後悔先に立たず、って言葉が心に染みるようなケースに遭遇しないでください。そのためにも、できるだけ在職中に転職先を決めてから退職しましょう。

 
 
 

転職したい理由(原因)は、転職することでしか取り除けないのですか

 

 
転職したいということは、何かしらの理由(原因)があるはずですね。その理由(原因)に対して、下記の2つをしっかり考えてから、転職活動を本格的にスタートさせましょう。

 

 
まず、1つ目は、その理由(原因)は、他の会社に転職すれば、本当に解決するのか、です。

 

 
そして、2つ目は、その理由(原因)は、現在の職場で「努力」「工夫」することで、本当に解決できないのか、です。

 

 
その解決策を考えて、いろいろ試した上で、転職活動を始めても遅くはないと思います。もしくは、転職活動をしながらでも、その解決へのアプローチを並行して行うことで、実は、自己PRや職務経歴書の内容はグッと厚みを増すのです。

 

 
転職したい人の多くは、「今の会社から早く出たい」的な気持ちが強くて、その問題の本質的な要因まで掘り下げていない人も少なくありません。

 

 
そういう人が勢いで退職してしまったり、勢いで転職活動を行うと、考える事のほとんどが現職の否定でしか考えられず、その思考では、面接官の心証がよくならない回答をしてしまう危険性が高くなってしまうのです。

 

 
また、そんな否定だけの思考の人を採用する会社は、形を変えた同じような問題をもたらしてくるので、転職したからといって、問題が解決することはあまりないように思います。

 

 
しっかり問題に向き合わないと、同じことは繰り返す、的な現象は世の中に沢山起きていますよ。

 

 
『転職の個別サポート塾』で私は、そのところまで踏み込んで、お客様をサポートして、その負の連鎖をできるだけ断ち切れるよう努めています。私と一緒に問題に向き合えば、それは可能です。

 

 

 
 

転職して、何がしたいのか? どうなりたいのか?自分の中に描きましょう

 

 
転職のゴールのイメージは、『転職先の職場であなたが働き甲斐を持って生き生きと働いている姿』だと思います。

 

 
それなのに、「何がしたいのか」「どうなりたいのか」が明確でないと、ゴールのイメージが描けないし、そういう状態だと応募先からも良い評価を得られないと思います。

 

 
単に「転職したいから」だけで、転職後のイメージが描けていないと、転職成功に近づけないかもしれません。

 

 
そんなの絶対に嫌ですよね。ならば、イメージを持てるように、私と一緒にワークしましょう。お手伝いします。

 

 
転職・再就職はあなたの人生にとって、とても大きな転機です。上手に乗り切って、幸せな転職を果たして欲しいと思います。だから、私はお客様に寄り添って、そのお客様だけに適したサポートが出来るよう尽くしています。

 

 
もし、あなたが転職を成功させたいと思っているなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。一緒に楽しくワークして転職成功を勝ち取りましょう。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』お客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ