「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

相手を意識すれば面接に呼ばれる職務経歴書が作れます【転職・再就職】

相手を意識すれば面接に呼ばれる職務経歴書が作れます【転職再就職

 

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
職務経歴書を読むのは誰?」です

 

早速ですが、質問です。

 

あなたは、
何のために
職務経歴書を作っていますか?

 

応募するのに必要だから、ですか?

 

もちろん、そうですよね。

 

でも
その先を考えれば

あなたが望む転職を叶えるため
ではないですか?

 

その目的を
果たすためには

 

ご縁のある企業から
面接に呼んでもらい

 

面接で
堂々と話して
あなたの魅力を分かってもらい

 

ライバルである
他の応募者を蹴散らして

 

「内定」を手に入れ
採用される

 

必要がある訳ですね。

 

だからこそ、
職務経歴書は

書類選考の段階でも

面接の時にも

活躍してもらわなければ
いけませんよね。

 

では
次を考えてみましょう。

 

imag0757

 

職務経歴書を読む相手は誰?

 

職務経歴書を作っていくと、ついつい忘れがちなのが「読む相手がいる」と言う事実です。

 

誰が読むのか、
それを意識せずに作った職務経歴書

それでは
相手(採用担当者)に響きません。

 

そう
職務経歴書には

読む人
つまり、相手が存在するのです。

 

その相手を意識するか、しないかで
職務経歴書の出来映えに
大きな質の差がでます。

 

冷静に考えれば
そのくらいのコト
分かっていますよね。

 

でも
職務経歴書を
作るコトに集中すると

読む相手の存在を
忘れてしまう方が多いコト。

 

採用担当者の時にも

現在の転職の個別サポート塾で
お客様をサポートしていても

そう感じています。

 

だから
職務経歴書を作るときは

まず、
誰に向けて書くのか
ちゃんと意識しましょう。

 

そして
その人に向けて書きましょう。

 

意識して

相手(採用担当者)の気持ちを
想像して書いていけば

あなたの職務経歴書は
数倍良くなります。

 

あなたの職務経歴書は
読む相手(採用担当者)のコトを
意識して作りましたか?

 

もし
あなたが
「あっ、忘れてた~」や
「自信が無いなぁ」に
該当するなら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

一緒に
相手(採用担当者)の
気持ちを考えて

今お持ちの
職務経歴書より

何倍も
面接に呼ばれる職務経歴書に
一緒に作り変えましょう。

 

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

お問合わせ