「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

大事な「あなたの魅力」を表す言葉はどこにありますか?【転職PR】

大事な「あなたの魅力」を表す言葉はどこにありますか?【転職PR】?

DSC_0403

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
あなたの魅力を表す言葉の場所」です。

 

早速ですが、
あなたに質問です。

 

採用担当者に知ってもらいたい
あなたの魅力」を表す言葉は、
職務経歴書のどこに載っていますか?

 

例えば、

職務経歴書の一番上に記載されている
職務要約」では、いかかですか?

 

採用担当者が書類選考の時に
まず初めに目にするのが「職務要約」

 

その「職務要約」を
一瞬「パッ」と見た時に、

「あなたの魅力」を表すその言葉は
目に飛び込んできますか?

 

もしかしたら
端っこにあったり、

二行にまたがって
分散表示されていませんか?

 

それどころか

実は
「あなたの魅力」を表す言葉自体が
載っていないなんてコトに
なっていませんか?

 

もし
そんな状態ならば
とてもモッタイナイですよ。

 

だって
そんな状態では
採用担当者が「あなた」に
興味を持つ可能性が低くなりますから

 

あなたの魅力」を感じてもらえる言葉を
採用担当者の目に飛び込ませ
良い印象を残すには、

その言葉は
出来るだけ中央に
寄っていた方がよいですね。

 

その方が
すぐ目に入ってきますから。

 

採用担当者は、初見で
文章をじっくり読むことは
まず無いですから

パッと見た瞬間に
イメージを喚起する「言葉」が
目に飛び込むように

職務経歴書を作るコトが
選考を突破する確率を高める
方法の1つです。

 

だからこそ
大切な言葉のポジションが
とっても重要な訳です。

 

これは
大事なテクニックです。

 

あなたの職務経歴書を
上記の視点で見直してみてください。

 

 

大事な言葉が「どこに」あるか、より大事なコト

 

あなたの魅力を表す言葉が
「どこに」あるか

つまり
ポジション(位置)も大事なコトは
上記で分かりましたね。

 

でも
もっと大事なのは

「そもそも」ではありますが、
その「言葉」選びです。

 

その「言葉」を見つけられていない

その「言葉」が適しているか分からない

それでは
職務経歴書に自信が持てないですよね。

 

そんな状態では
「どこに」(ポジション)どころの
話ではないでしょう。

 

もし
あなたの魅力」を表す最適な言葉を
まだ見つけられていないなら、

また
見つけたんだけれど自信が持てないなら

転職の個別サポート塾の無料相談に
お越しください。

 

一緒に
「あなたの魅力」を
見つけるワークをしましょう。

 

 

お手伝いします!

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

お問合わせ