「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接で、短所・弱み・苦手を聞かれた時の答え方【転職の個別サポート塾】

面接で、短所・弱み・苦手を聞かれた時の答え方転職の個別サポート塾】

1204 面接

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
面接での短所・弱み・苦手の答え方」です。

 

あなたは、
面接官から

あなたの短所は何ですか?」

どこが、あなたの弱みですか?」

あなたの苦手はありますか?」

などと聞かれるのは好きですか?

 

「好きな訳ないでしょ!」

「面接だって、好きじゃないのに」

って聞こえてきそうですね。

 

まあ、
嫌いな人の方が多いですね。

 

それは、そうですよね。

 

なるべく悪いことは
言いたくない場面なのに

自分の悪いコトを言えなんて
「そんな殺生な」って感じですね。

 

慣れていないと
「いじめてるんですか?」
と思っても無理ないことです。

 

でも、
面接官は

何故
そんなことを聞くのでしょうか?

 

別に、
短所そのもの」を
スゴク聞きたい訳ではないのです。

 

応募者の話すこと全てが
真実だとも思っていないですし…

 

では、何故、面接官はその質問をするのでしょうか?

 

面接官が
あなたに短所、弱み、苦手を
聞く理由は、

1)自分のコトを客観的に見られるか

2)短所に対し適切な対応しているか

3)他の話したコトと整合性はあるか

などを見ているわけです。

 

まあ、
よっぽど突飛なコトを言わなければ

この回答が
大きく採用結果に
影響することは無いでしょう。

 

ですので、

ここでは
嘘ではない、

だけど
あたり障り無い
自分の短所・弱み・苦手を見つけ出して

 

「ソレは理解しているよ」
■■
「ちゃんと対策しているよ」
■■
「だから仕事や同僚に
迷惑かけるコトは無いよ」
■■
「心配しないでね」

 

と言うコトが
面接官に伝わればイイのです。

 

それがちゃんと伝われば
この人に仕事を任せても大丈夫だな
と思ってもらえる訳です。

 

さらに余裕があるなら
その回答しながら自分の魅力につなげて
ちゃっかり自己PRもしちゃうと
言うこと無し、です!

 

それが出来るようになる
転職PR術に興味があれば
転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

あなたの転職が成功するよう
お手伝いします。

 

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

Tagged on: , , ,
お問合わせ