「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

やってはイケナイ。転職活動で注意すべき事項

やってはイケナイ。転職活動で注意すべき事項

 

こんにちは。

転職㏚の専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
転職活動で注意すべきコト」です。

 

あなたは
転職活動中ですか?

 

では
まさかとは思いますが

下記のコトは
やっていないですよね?

 

転職活動で、
注意した方がよい事項が
幾つもあります。

 

その内の幾つかを
今日はご紹介します。

 

あなたは
全部、大丈夫でしょうか?

 

 

転職活動を始めるのと同時に退職願を提出

 

もう内定はもらいましたか?

 

内定をもらっていないなら
退職願いを提出するのは我慢です。

 

転職活動を始めても、
内定を獲得するまでは

極力、退職願いは
提出しないようにしましょう。

 

何故かって?

 

それは、
退職してからの転職活動は
大きく2つのリスクがあるからです。

 

  • 離職している応募者の給与は、在職者に比べると低く提示されがち
  • 離職すると、心理的に追い詰められて、転職活動が苦しくなりがち

 

上記のようなリスクを冒してまで
退職願をすぐ提出しなければならない
理由はありません。

 

安易な提出は
後悔を招くリスクがあることを
認識して慎重になってください。

 

 

不満だけを前面に出しての転職活動

 

今の職場に不満がある。

今の労働条件では不満がある。

それを次の職場では解消したい。

 

「転職したい」理由の
本音は、そうなのでしょう。

しかしながら
「不満だから、」だけでは、

転職活動は
上手くいかない可能性が高いです。

 

「こういう働き方をしたいから転職したい」

「こうなりたいから実現できそうな職場に転職する」

という目的を明確にしていかないと、
転職活動が苦戦する可能性、大です。

 

応募先の採用担当者が
あなたに魅力を感じて
期待してくれる転職の目的を
見つけ出しましょう。

 

 

自分ゴトばかりで相手を無視した文章・話

 

志望動機を読んでも、聞いても、
自分側からの視点だけで、
「自分のコト」ばかり。

「自分の望み」ばかりで
相手(応募先)のコトには
ほとんど意識が向けられていない。

 

あなたの
志望動機の文章や話は
そんなコトになっていませんか?

 

もちろん、志望動機だけに限らず
応募書類全体、面接での話のすべてにおいて、

応募先へ意識がどれだけ向けられているかが
あなたの転職成功には、とても大事です。

 

例えば、
職務経歴書の自己PRに
「相手の気持ちに配慮することには自信があります」
的なことを書いてあるのに

全体からは
全くソレが感じられないなんてコトだったら
悲惨な結果を招くコトになります。

 

転職活動では
応募先の採用担当者の気持ちや考えを
どれだけ想像できるか、
そこが成功の分かれ目になりますよ。

 

 

もし
あなたが
上記の一つにでも該当するなら

『転職の個別サポート塾』の
無料相談をご利用ください。

 

あなたの転職成功をサポートします!

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ