「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

「私」に魅力を感じていました【50代前半女性】ご感想

直近まで離職していたという事実、また、お客様が携わりたいと思う職種の経験はとても短い期間しか無い、さらには年齢の高さなどの「ハンディキャップ」と思う要素が沢山抱え、「自己PR」や「職務経歴書」をどう作ればよいのか分からず、途方に暮れていた50代前半女性のお客様から、2回目セッションで「自己PR」を完成させた段階でのご感想をいただきました。

 

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
『転職の個別サポート塾』の継続サポート7回コースをご利用中の50代前半女性のお客様から、「2回目セッション」で自己PRを完成させた時点のご感想を頂いたので、ご紹介します。

 

1回目セッションを終えた後に西澤さんが作った「自己PR案」を読んだら、冒頭から引き込まれ、読み終わった時には、応募企業の採用担当者になったつもりの私は、その自己PR案の「私」に魅力を感じていました。

自分の感じているマイナスの要素が「ユニークな経験」に変身してしまうのは、まさしくプロの為せる技で、西澤さんだからこその温かさ故だと思っています。

私は、自分の経歴に全く自信がないですし、マイナスの要素も多いので、
「自分」を否定されたらどうしようという不安と恐れがあります。

無料相談が終わった後、気持ちが軽くなったとお伝えしたかと思いますが、それは、マイナスの要素を共有した上で、「一緒にがんばりましょう!」と西澤さんが手を差し出してくださったこと(イメージです)が一番大きいと思っています。

今日の2回目セッションで自己PRが完成して、忘れかけていた自分を思い出したような気がします。

「私ってこういう人なの! よろしくね〜!(イメージです)」と胸を張って言えるように進んで行きたいと思います。

 

 
●●さん、ご感想をありがとうございます。これからもよろしくお願いします。一緒にがんばって、ご希望を絶対叶えましょう!

 

 
 

本物の「自己PR」は、自分に自信を与えてくれる

 

 
上記のご感想の中に、

 
1回目セッションを終えた後に西澤さんが作った「自己PR案」を読んだら、冒頭から引き込まれ、読み終わった時には、応募企業の採用担当者になったつもりの私は、その自己PR案の「私」に魅力を感じていました。

 
とあるのが分かりましたか?

 

 
私のサポートの中では、「面接官(採用担当者)」のつもりになって、自分(お客様)の自己PRや職務経歴書の内容を「見る・読む」をよく行います。

 

 
このお客様は、自己PR案をはじめて読んだ際、自然とそれを行い、そして、採用担当者の立場で「自分の自己PR案」に興味・関心を持ってしまった訳です。

 

 
ということは、面接に呼ばれる可能性は高くなりますし、自分にも自信が持てるようになりますよね。

 

 
自己PRで、自分に自信が持てる
 
それって、理想的じゃないですか。

 

 
そうなる自己PRが、
 
本物自己PRだと思います。

 

 
なぜ、それが可能になるかと言えば、

 
お客様のご感想にもあった「自分の感じているマイナスの要素が「ユニークな経験」に変身してしまうのは、まさしくプロの為せる技で、西澤さんだからこその温かさ故だと思っています。」という私の編み出した転職PR術があるからです。

 

 
 

前向きになれる、それが転職の個別サポート塾を利用した方が良い理由の1つです。

 

 
無料相談を終えた時に、

 
無料相談が終わった後、気持ちが軽くなっていることに気づきました。応募書類の作成がまったくできずにいたのですが、思っている以上に心に負担がかかっていたようです。ホームページに「駆け込み寺」のようとありましたが、西澤さんとお話をしてその通りだと思いました。

 
上記のようなご感想をいただいていたお客様から、自己PRを完成させた段階で、

 
今日の2回目セッションで自己PRが完成して、忘れかけていた自分を思い出したような気がします。「私ってこういう人なの! よろしくね〜!(イメージです)」と胸を張って言えるように進んで行きたいと思います。

 
と感じて頂けたようなので、なんとか『駆け込み寺』の役割は果たせたようです。

 

 
あとは、このお客様のユニークな強みが反映された『自己PR』を活かして、そこに興味関心を持つ、そして「人気の無い、でも良い企業」を戦略的に応募して行けば、お客様が潜在的に思っていた希望を叶える事も可能だと思います。

 

 
それが実現できるよう、ここからも全力でサポートしたいと思います。

 

 
もし、あなたも50歳前後で転職・再就職が少々厳しいなぁと感じているなら、なるべく早く『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

お問合わせ