「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

無事転職先が決まりました【40歳目前男性】

自分自身をもっと成長させたいと考え、3回目の転職に挑戦する際、『転職の個別サポート塾』の継続サポートをご利用になられた40歳目前男性のお客様から、内定のご報告をいただきました。

 

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
『転職の個別サポート塾』の継続サポートをご利用になられた40歳目前男性のお客様から、内定のご感想を頂いたので、ご紹介します。

 

西澤さん

ご無沙汰しております、●●です。

先般は色々とご相談に乗っていただき、ありがとうございました。

その後、紆余屈折ありましたが、無事転職先が決まりました。

BPO業界の〇〇〇〇という中堅企業ですが、コンタクトセンターやバックオフィスの業務効率化・DX推進などの、当初より希望していた法人営業職です。

穏やかな社風で、企業様からも人柄や雰囲気が合っていると仰っていただけたことが決め手となりました。

*/*より勤務することとなりますが、鋭気を養いつつ有意義に過ごしていけたらと思っております。

取り急ぎではございますが、宜しくお願い致します。

 

 
●●さん、内定、おめでとうございます!
 

 
望んでいた「業界」の法人営業に決まって良かったですね。

 

 
これからは、新しい職場でがんばってください!

 
 

 

 
この40歳目前の男性は、これまで「不動産会社」「高級スポーツクラブ運営会社」「経費削減コンサルティング会社」の3社で働かれてこられています。

 

 
コロナ禍直前に転職した現職(3社目)で、企業向けの提案営業を行ってきて、

 
「もっとお客様の経営にダイレクトに影響を与える領域・商材を扱い、自分自身をもっと成長させたい」という気持ちが強くなり、

 
今年に入って、本格的に転職活動を始められました。

 

 
実は、1社目では、住宅販売の実績で社内1位の時もあったお客様ですが、異動した内勤業務では性に合わず退職勧奨も受けてしまい、「天国と地獄」を味わったそうです。

 

 
でも、2社目でも、3社目でも、自分を磨いていくことには貪欲で、社外のビジネススクールにも通うほど。

 

 
そんなお客様ですから、もっと自分を高めたいと思って転職活動をされるのは、当然ですね。

 

 
で、今回は、もっとお客様の経営に直結するような領域で法人営業を希望されて、『転職の個別サポート塾』で私と一緒に、自己PRや職務経歴書を作り、面接対策も行いました。

 

 
実は、入社を決めた上記の企業以外にも、内定をもらった企業もあったのですが、慎重に検討され、辞退されています。

 

 
入社後に活躍できるかは、その企業や上司の考え方、社風などに影響を受けますから、慎重になるのは当然です。

 

 
その結果、上記のご報告にもあった通り、お客様に合った社風のようです。

 

 
そういう良いご縁に出会えてよかったと思います。

 

 
努力家のお客様ですから新しい職場できっと活躍されることでしょう。

 

 
もしあなたも、もっと自分を成長させる転職をしたいなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。無料相談はオンラインで行っていますので、お気軽にご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ