「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

「第一志望の落とし穴」に、ハマってはいけない!【転職・面接】

第一志望落とし穴」に、ハマってはいけない!【転職面接

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

今日のテーマは
第一志望落とし穴」です。

 

さあ
いきなりですが、

今、あなたは
面接部屋に居ると思ってください。

 

あなたが
応募者です。

 

目に前には
面接官が座っています。

 

その面接官から

「他社も応募していますか?」

「状況はいかがですか?」

と質問され

 

あなたが

「はい。数社応募しています」

「面接はこちらが2社目です」

などと答えていたら

 

続いて、面接官から

「弊社が第一志望ですか?」

と訊かれたら

 

あなたは
どう答えますか?

 

 

今、考えて
答えるまでに間が空いてしまった人

要注意ですよ。

 

落選のリスク高まりました(笑)

 

でも、
冗談では済みません。

 

この質問には

間髪入れず、即答で

「はい。第一志望です!」と

元気にしっかりと言い切りましょう。

 

そうしないと
面接官には

「この応募者は、内定を出しても、辞退するかもしれないぞ。」

などの疑心が生まれます。

 

ライバルの応募者がいたら、
そちらに内定が出るかもしれません。

 

真面目で正直な人ほど

「第一志望では無いのですが…」とか

「え~…、はい。そうです…」など

のような歯切れの悪い答え方をします。

 

正直な人は素晴らしい、です。

 

私も大好きです。

 

ですが
このケースでは

質問されたら間髪入れず

「はい。第一志望です!」

と元気に、にこやかに答えましょう。

 

全ての面接官が
する質問ではありませんが、

この質問の答え方で
評価大きく変わりますよ。

 

くれぐれも
第一志望落とし穴」には、
落ちない様、注意しましょう。

 

面接では
このような質問以外にも

答え方一つで
大きく評価が変わってしまう
質問が幾つもあります。

 

面接に慣れていても
本当に面接官に良い印象を
与えられている応対が出来ているかは
結構、微妙な方が多いです。

 

面接に慣れていなければ
尚更です。

 

もし
あなたが
面接には呼ばれるけど
二次や最終には進めないなぁ
と悩んでいるなら

ぜひ
転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ