「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

お子様の退職・転職で心配されているお母様へ

お子様の退職・転職で心配されているお母様へ

 
男性 頭に両手 悩む

 

 
こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

 
コロナ禍3年目の今年2022年も
4月に入り、

各企業に新入社員が入社し
初々しい姿で頑張っていますね。

 

 
まだ、
研修が始まったばかりの方が
多いと思いますが、

これが
1ヶ月、2ヶ月と経っていくと、

「なんか違う、ここじゃないかも」
と思い始める新入社員も出てくるでしょう。

 

 
また、
研修を終えて本配属になると、

その職場の雰囲気や人間関係、
さらには仕事の教え方や進め方
などに違和感などを覚えて、

「あの会社の方が良かったかも」

「転職した方がいいかなぁ」

「もう辞めちゃいたい」

などと思い悩む新入社員も
出てくると思います。

 

 
この記事は以前に書いたものですが、
かなり多くの方々に読まれていて、

現在は2022年4月ですが、
今年の新入社員の中にも
これから、きっと上記のような方が
出てこられて、

そのお母さまが読まれるケースも
あるだろうと思い、再アップしています。

 

 
昨年2021年も
この記事を読まれて

私(転職の個別サポート塾)に
転職サポートを依頼して頂いたケースは
10数名ございました。

 

 
また、ご本人ではなく
お母様からのご相談も結構多かったです。

 

 
新入社員で、
入社1年目でつまづくと
本人も苦しいでしょうし、

そばで見ているお母さまも
心配だし、お辛いですよね。

 

 
でも、
どうしたら良いか分からない
事の方が多いと思います。

 

 
だから
少しでも参考になる情報が欲しい
と思われて、

この記事に辿り着かれたのだと思います。

 

 
まあ前置きは
このくらいにしておきますので
ぜひ、下記をご覧ください。

 

 

 

お子様の退職・転職について

 

 
私の運営している『転職の個別サポート塾』では、新卒で入社された会社を1年目、2年目、3年目で退職・転職される、第二新卒と呼ばれる若い方の転職サポートもしております。

 

 
「就職が大変」と言っていた時期と状況が変わってきて「人手不足」に、特に新卒は「引く手あまた」の状況になりましたが、それでも、入社後に辞められる方は、少なからず結構な割合で発生しています。

 

 
その多くの方が、「職場の人間関係」「労働条件」「職務内容」が理由で、退職・転職されています。

 

 
ご相談にのってサポートを行っていくと、約1割の方が、退職・転職を踏みとどまり、あらためて現職で頑張ってみることにチャレンジされています。

 

 
残りの約9割の方は、「退職した理由」や「転職したい理由」を明確にして、また、これからの進む方向性も明確にして、それに合わせた自己PRと職務経歴書を私と一緒に作り、転職を成功させています。

 

 
もし、サポートを受けずに、「漠然とした理由」や「恨み」や「他責」を持ったまま、そして「自信を無くしたまま」では、なかなか転職を成功させる事は難しいでしょう。

 

 
むしろ転職できたとしても、また退職・転職するリスクが高くなり、いわゆる「ジョブホッパー」「転職ジプシー」と言う不幸な状態になるリスクが高くなります。

 

 
親としては、子供がそんな状態になって欲しくありませんよね。

 

 
でも、子供は、「親に心配かけたくない」と言う気持ちや、「言っても分かってもらえない」と言う気持ちで、親にはあまり相談しないようです。

 

 
また、親としても

相談された時、

単に「もう少し頑張れ!」だとか、安易に「じゃあ辞めちゃえば」みたいな回答をしていると、子供の置かれている状況が悪化したり、ジョブホッパー・転職ジプシーになるリスクが高まったり、成長につながるチャンスを逃してしまったり、してしまうかもしれません。

 

 
頭を抱える男性

 
 

入社1年目~3年目で退職・転職したいと、子供が言ったときの親の対応の注意点

 

 
もし、お子様が「もう職場が嫌だから退職したいなぁ」と言ってきたら、どう対応しますか?

 

 
たぶん、しっかり対応する自信がある方なら、この記事は読んでいないでしょう。

 

 
という事は、コレを読まれているあなたは、もしかしたら、お子様がそんな状況なのかもしれませんね。

 

 
どう対応しましたか?

 

 
どう対応しますか?

 

 
もし、その対応に自信が無ければ、下記の記事を参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓
入社1年目~3年目で退職・転職したいと、子供が言ったときの親の対応の注意点が書いてあります。

 

 
男性 窓際

 

 

お子様の「退職」「転職」について心配されているお母様は多いです

 

 
私の運営する『転職の個別サポート塾』でも、退職・転職されるご本人(お子様)ではなく、お母様がメールでご相談になる事も多く、場合によっては、ご来社されての相談や、スカイプ・電話でのご相談をされることもあります。

 

 
過去にご相談になられたお客様(お母様)の感想の一部を掲載すると、

 
 

今日はありがとうございました。息子の転職についてどこの誰に相談したものか・・・とずっと悶々としておりました。

思い切って伺ってよかったです。

自分の役割がクリアになりました。

熱心に話を聞いていただいたので調子に乗って、なんかよろず相談みたいになってしまいました。

帰宅して、いただいたセッションメモを見ながら、またあらためて心の整理することができました。

セッションメモいただいできてよかったです。主人と話をする時にちゃんと説明できました(笑)

今後、私やまたは息子本人がお世話になることがあるかもしれません。今後ともよろしくお願い致します。

本当にありがとうございました。

 

 
 

昨日、今日と、どうもありがとうございました。

ちょっと立ち止まって考える気になったようですので、それだけでも成果がありました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 
 

西澤さま

こんばんは。●●です。

御返事をいただきまして、ありがとうございます。

お話を聞いていただいただけでも気持ちが軽くなりましたし、文章に起こすことで客観的に見ることが出来ました。

お忙しいなか、丁寧な御返事をいただき、感激いたしました。

ほんとうにありがとうございます。

そうですね。

息子を信じ、今は黙って見守っていこうと思います。

いよいよ、子離れの時期なのでしょうね…。

これを機会に、彼を大人として接していけたらと思います。

話を聞いていただいて、ありがとうございました。

とりいそぎ、御礼まで。

 

 
 

ご連絡をありがとうございます

1人で暮らしているため
朝ギリギリまで寝ており
食事は簡単にパンをたべたり
帰宅もおそいため
惣菜を買ってたべたりの
生活をしているようです。

食生活と睡眠のサポートは
離れていると難しいことが多いのですが

月に1.2回は
わたしの方から訪ねていき
生活のサポートをしようと思います。

どうしても
仕事のことがきになり
色々と仕事のことを聞いてしまいますが、

西澤さまのアドバイスを受け、
やってはいけないことだと
よくわかりました。

ありがとうございました。

娘を見守りながら
必要な支援をしていこうと思います。

この度は適切なアドバイスを
ありがとうございました。

 

 
それぞれ詳しいご相談内容はお書きできませんが、ご相談前に抱えていた心配ゴトや不安など、少しは解消できたようです。

 

 
色々な親子の関係がありますが、普段のコミュニケーションとは違って、退職・転職のような大きい問題を前にすると、あまり上手くコミュニケーションできないケースが多いようです。

 

 
あなたとお子様の状況は、如何ですか?

 

 
もし、あなた(お母様)が、お子様について、ご相談になりたい場合は、こちらをご覧ください。

 

 
お気軽にご相談ください。
きっと、お役に立てると思います。

 

 
また、
お子様ご本人を
私と直接話させたい場合は、
無料相談を設けておりますので、
お気軽に、下記からお申込みください。

 

 

お問合わせ