「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

「転職失敗、どうしたらいい?」状態なら、参考にしてください。

「転職失敗、どうしたらいい?」状態なら、参考にしてください。

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
転職に失敗した時の注意点」です

 

あなたの
転職活動のゴールは「どこ」ですか?

 

「内定をもらう」ですか。

 

「入社日」ですか。

 

私の思う
転職活動のゴールは
「転職先の新しい職場で生き生きと働いている姿」です。

 

つまり
入社してしばらくしてから

「転職して良かった~」
と心から言える状態であるコト。

 

それが大事だと思います。

 

でも
少なくない転職者が

転職して働き始めてから
「この転職、失敗だったかも…」
と思うコトもあるようです。

 

『転職の個別サポート塾』にも
そう言う状況に遭遇してしまった
お客様がよくお越しになります。

 

想像したくないとは思いますが

もし
あなたが
そんな状況になったとしたら

どうされますか?

 

 

「転職失敗した」と分かった時のアドバイス

 

入社したら

  • 面接で聞いていた条件と全く違う
  • 応募した職務内容と違う職務
  • 離職者がとても多い
  • 残業が異常に多い
  • 明文化されていない不合理なルールが多い
  • 職場が荒れている
  • 上司がパワハラの人だった
  • 全然引き継ぎや指導が無し
  • 仕事を全然与えてくれない
  • いきなり異動辞令
  • 財務状況が良くない。支払いの遅れ・滞納がある

などが分かり
あちゃぁ、やっちゃったかな
なんて思ったコトのある人も
少なくないのです。

 

上記の内容は
『転職の個別サポート塾』の
お客様から聴いた
お客様が遭遇された状況の一部です。

 

あなたは
上記のような状況に遭遇したら
どう考え、どう動きますか?

 

 

転職に失敗したと気付いた時にやるべき事

 

失敗に気づいた時、
はじめに思い出して欲しいのが
下記 ↓ です。

 

短絡的に辞めない

 

「失敗した~」と思っても
すぐ辞めてはいけません。

 

短絡的にすぐに辞めてしまうと
後で苦労するかもしれません。

 

だから
下記の3つをやってから
退職を考えましょう。

 

その一つは

すぐ転職活動を始めるコト

 

辞めるのではなく
「転職活動を始める」
のが正解です。

 

転職活動を始めれば
狭くなってしまいがちな視野も
狭くなり過ぎないで済みます。

 

そして
不安になってしまいがちな思考も
前向きに保つ事が可能になります。

 

そして
次の一つは、

転職理由を考えるコト

 

応募先の採用担当者が納得できる
転職理由がとても大事です。

 

それが
中途半端だと

短期離職(転職)ですから

採用担当者や面接官から
疑問を持たれるリスクが高くなります。

 

そして
最後の一つが

同じ失敗をしないために、求めるものを明確にするコト

 

とても大事なコトなんですが

実は
コレを明確にしない方も
少なくないようです。

 

そうすると
次の転職先も
また同じような状況かも
しれません。

 

不思議ですが
そんな嬉しくない「引き寄せ」が
起きてしまうリスクが高まります。

 

だから
もし、あなたが
「今回の転職、失敗かなぁ」と
思っているなら、

 
上記の3つを
ぜひ、行ってみてください。

 

そして
「次は失敗しないように」と
願っているなら

『転職の個別サポート塾』の
無料相談にお越しください。

 

あなたの次の転職が
失敗しないようにお手伝いします。

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

Tagged on: ,
お問合わせ