「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

「御社の一員に加えてください!」という情熱を込めませんか?【転職PR】

心から「御社の一員に加えてください!」という情熱を込めて、応募書類面接に臨みませんか?【転職PR

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
一員に加えて欲しいと言う熱意」です。

 

あなたは、
面接で面接官に

素直に
「御社に入社したいんです」と
伝えていますか?

 

えっ
あまりやっていないんですか?

 

それは
モッタイナイですね。

 

お分かりだと思いますが

面接官は
自社に入社したいと言う意志が
強い人を好ましく感じます。

 

だから
入社したいという熱意が
ちゃんと面接官に伝わるか、どうか

それが、
採用の合否を分けるかもしれません。

 

ライバルである他の応募者に勝って
採用されたいなら

まずは
ストレートに表現することです。

 

履歴書で、
職務経歴書で、
そして、面接での話に

御社の一員に加えて欲しい」と。

 

 

「入社したい」だけではなく…相手のことも考えて

 

面接官から
「なぜ弊社に応募したのですか?」
「なぜ弊社で働きたいのですか?」
などと訊かれたら

あなたは
用意してきた
「志望動機」を話しますよね。

 

その時
前述した通り
「入社したい」と言う気持ちを
込めて話す方がベターです。

 

で、
それに加えて
考えて欲しいのは

「入社したい」は自分の希望なので

相手が嬉しいことも
話す内容に加えることです。

 

相手の事が好きなら
相手の良いところを見つけて

それが「好き」なんです、
と伝えませんか?

 

それを
定型の志望動機の中だけでなく
いたるところに散りばめる。

 

それで
やっとあなたの
「入社したい」って情熱が
相手に伝わるようになります。

 

転職の個別サポート塾では

職務経歴書をつくる段階でも、

面接で
そういう風に話せるよう練習します。

 

面接の直前に
一夜漬けでの練習だけでは

この情熱が伝わる話し方は
出来ないでしょう。

 

「御社の一員に加えてください!」

という熱意が伝わる
話し方が出来る様になりませんか?

 

もし
あなたが

「気持ちを込めて話すのって、苦手なんだよなぁ」

と思っているなら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください!

 

採用担当者や面接官に
あなたの熱意が伝わる
職務経歴書と面接での話し方が
できるようにサポートします。

 

あなたの転職成功
お手伝いします!

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ