「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

職務経歴書には、「背景を説明できる数字」を載せましょう!

職務経歴書には、「背景を説明できる数字」を載せましょう!

握手 テーブル

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
説明できる数字」です。

 

転職の個別サポート塾の
お客様をサポートしていて
自己PRを一緒に考えていると

お客様から

私は事務職なので、自己PRに載せるような数字で表せる実績とか無いんですよね。立派な実績とかある人はイイですよね~」

なんて言われるコトもよくあります。

 

確かに、
営業などで、
華々しい実績を数字で表せる方は
魅力的ではありますよね。

 

計画比110%を2年連続で達成

営業成績1位を達成しました!

などと
職務経歴書に書かれているのを
企業で採用責任者をしていた時には
よく見かけました。

 

書籍やサイトには
実績は出来るだけ書きましょう
とアドバイスしているものが多いので

まあ
それは書くのが、普通ですよね。

 

でも、
実績を記載するなら

ちゃんと説明できる数字を
記載しないと

書いたコトが自分の首を絞める
コトになりかねないので、

実は
危険と背中合わせなのです。

 

つまり、
前述の計画比110%なら、

  • 前年比は何%ですか?
  • 他の同僚は計画比何%ですか?
  • それを為し遂げるのに、どういう工夫をしましたか?
  • 110%を二年連続で達成し、何か変わったことはありますか?

など
面接官から訊かれそうな質問に
答えられるようにしておきましょう。

 

それらの質問に
しっかり答えられないと

面接官の
その数字(実績)への興味が失せる
だけでなく

本当に実力があるのかな?」と
疑問を持たれてしまうかもしれません。

 

さらに
他の同僚は、115%や120%だった
なんて伝えたら

「110%は大したコトないんだな」と
思われ、PRどころじゃなくなります。

 

だから
職務経歴書に載せる数字(実績)は
その背景などを説明できるものを
自信を持って載せましょう。

 

必要なら、
その説明の一部も
職務経歴書に書き加えておくと

面接官の質問が狭められて
想定外の質問がされ難くなるという
副産物も生まれます。

 

転職を成功させたければ
安易な数字は載せず

背景をちゃんと説明できる
自信を持った数字(実績)を
載せましょう!

 

もし
あなたが
「自己PR」や「職務経歴書」に
効果的な数字の載せ方が分からなければ

転職の個別サポート塾の無料相談を
ご利用ください。

 

あなたの転職が成功するよう
上手なPRの仕方をお手伝いします。

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

お問合わせ