「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

メンタル不調で退職して、これからを考えると堂々巡りしてしまう方へ

パワハラや職場環境などが原因で休職や退職に追い込まれ、これからの転職活動のことを考えようとしても、うまく考えられず、思考が堂々めぐり状態になってしまうと焦りますよね。それどころか、もう人生終わったと感じてしまうこともあるようです。これは、20代でも、30代でも、40代でも、年代に関係なく絶対に遭遇したくない状態です。

 

 

 
こんにちは。
転職PRの専門家・西澤です。

 

 
今日のテーマは「メンタルヘルス面で休職や退職してしまった時の堂々めぐり思考」についてです。

 

 
私が運営する『転職の個別サポート塾』では、これまで(2022年9月)900名以上のお客様に寄り添って、転職や再就職をサポートしてきています。

 

 
その900名以上のお客様の中の約3割、300名以上は、パワハラ、人間関係や職場環境などが原因で適応障害鬱(うつ)症状などのメンタル面が不調になり、転職や退職を余儀なくされたお客様です。

 

 
あなたも、同様の状況に遭遇されていませんか?

 

 
この状況に遭遇してしまったことも不運で最悪だと思いますが、実は、次の行動を起こそうとした時が、もっと辛くなることが多く、その方がより最悪な状態だと、経験者は感じると思います。

 

 
そのことは、メンタルヘルス面を害して退職された方が、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用された時に、ご自分のご状況とお気持ちを、とてもとても苦しそうに話されるので、私も痛いほど分かります。

 

 

 
 

苦しい気持ちを他者に話すだけでも楽になる

 
 
多くのお客様が無料相談の際に、

 
「早く動かなければいけないと思うのですが、これからのことを考えると不安がどんどん大きくなり、前向きなことが考えられず、無理にでも考えようとしても、堂々めぐりしてしまい、その場をぐるぐる回っている感じで、全然前に進んでいかなくて、苦しくなってくるんです。」

 
「そんな感じだから、仕事の棚卸をしても、自己分析をしても、自信の持てる自己PRなんか全然作れなくて、もっと苦しくなってくるんです。こんな状態では、やっぱり転職は難しいでしょうか…」

 
みたいな感じでお話されます。

 

 
みなさんそれぞれの年齢も、仕事も、キャリアも、経緯も違うのに、話される内容は上記のような感じでほぼ一緒です。そして、とても苦しそうなんです。

 

 
また、上記のような苦しい胸の内を隠しながら、無料相談を受けているお客様もいらっしゃるのですが、私の方から、上記のような感じじゃないですかと話を振ると、涙されるお客様もいますし、話していいんだと安心されて、心の内を打ち明けてくれるお客様も多いです。

 

 
お客様から上記のような苦しいお気持ちをお聴きした上で、いつも私は、

 
「堂々めぐりしていても、大丈夫ですよ。こんがらがった状態を分解して、小さい単位で考えていけば前に進めますし、前に進んでいることを実感できれば、堂々めぐりをしなくなりますから。」

 
とお伝えしています。それに加えて

 

 
「もし、サポートを受けていただければ、自己分析も、自己PRの作成も、職務経歴書の作成も、志望動機も、面接の受け答えの台本作りも、すべて寄り添って、二人三脚で一緒にやっていきますから、立ち止まってしまうことも無いですし、一歩進むごとに自信が戻ってきますよ。」

 
とお伝えしています。

 

 
今、あなたが堂々めぐりをされているなら、上記を読んだぐらいでは「本当かな…?」と信じられないのは致し方ないと思いますが、無料相談をご利用になり、それが本当なのか実際にご自身で経験されることをお勧めします。

 

 
百聞は一見にしかず、です。

 

 
それに、無料相談を利用しても、あなたには何も不利益なことは起きないのですから。

 

 
だったら、その堂々めぐり思考から抜け出せる可能性があるのに、スルーしてしまうのは、モッタイナイと思いませんか。未来の自分から、「なんで、あの時、利用してくれなかったんだよ」と責められない自信はありますか?

 

 
あなたが本当に苦しい思いをしているなら、とにかく一度、私と話をしませんか? あなたの苦しい気持ちとこれからの希望を教えてください。

 

 
話すだけでも少しは気持ちは軽くなりますし、それを真剣に聴いてくれる相手がいると、もっと軽くなるハズです。

 

 
私の多くのお客様は、とてもホッとされたそうです。

 

 
そして、これから何をしていけば、その「堂々めぐり」している苦しい状態から抜け出せるのか、が分かると、すうっと光が射すそうです。

 

 
もし、あなたも、その一筋の光を感じたければ、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 
お話しをお聴きして、あなたに適した幾つかのアドバイスを差し上げる事が出来れば、今あなたの悩みの大半を占めている「心配」「不安」「悩み」が減って、きっと気持ちが軽くなりますよ。心細くなっている「あなた」に寄り添って、二人三脚であなたの転職成功をお手伝いします!

 

 

 

『転職の個別サポート塾』お客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

「メンタルでの退職」×「短期離職」という最悪の組み合わせでも大丈夫

 

 

 
もし、あなたもメンタル不調で退職して堂々めぐりをしている状態だけれど、そこから抜け出すための一筋の希望の光を感じたければ、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ