「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

応募企業へのラブレターだと思うと、「職務経歴書」と「志望動機」は良くなります

応募企業へのラブレターだと思うと、「職務経歴書」と「志望動機」は良くなります

imag0757

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日は

職務経歴書や志望動機はラブレター

についてお伝えします。

 

職務経歴書を作るのは
ホント、面倒ですよね。

 

「そんなに難しくないよ」
なんて言える得意な方は
かなり少ないと思います。

 

転職する時にしか行わない
慣れない作業ですから
得意じゃないのも当然ですよね。

 

だから
サイトで
「職務経歴書のサンプル」や
「自己PRの例文」などを見て
とりあえず作ってみた。

 

そんな感じの方が
ほとんどでしょう。

 

あなたも
それに近いのではないですか?

 

そうして
一応作ってはみたものの

これで大丈夫なのかなあ

これで面接に呼ばれるかなあ

と心配になることも多いようです。

 

相手(採用担当者や面接官)が
読んだときに

自分の良さ(魅力)が分かり易く
伝わるように書かれていなければ

相手も興味を持たないでしょう。

 

 

相手(応募先)の事を想って作る

 

そういう点では

職務経歴書
ラブレターに近いのかな
と思うのです。

 

そこに
応募企業への想いがこもった
志望動機 が加われば

さらに
ラブレター度がアップしますね。

 

あなたの
職務経歴書」+「志望動機」の
ラブレター度は高いですか?

 

 

あなたの「職務経歴書」+「志望動機」をチェックしてみましょう。

 

☑相手の求めている人物像に近いコトが、分かり易く書かれていますか?

☑ 相手が「この人なんか良さそう」と思わせる魅力が、分かり易く書かれていますか?

☑ 相手のことが好きだって、書いてありますか?

☑ 何故好きなのか、理由(想い)は書いてありますか?

☑ 私と付き合うとこんな良い事があるよ、が書いてありますか?

 

いかがですか?

 

まさか
「ほとんど書いてないよ」
なんてことは無いですよね?

 

相手(応募先)には、
ライバル(他の応募者)も
一生懸命になって応募しています。

 

もし、
上記のチェック項目について
書いて無ければ

あなたが
選ばれるでしょうか?

 

もう、お分かりですよね。

 

そうです。

 

もし、そんな状態なら、
あなたではなく

ライバル(他の応募者)が
選ばれてしまいますよね。

 

そんな状況になるのは
嫌ですよね。

 

また
業界や職種が違うのに

まったく同じ職務経歴書で
数多く応募される方がいます。

 

業界、そして職種が違うなら

スキル、経験や人物像など
相手が求めるモノは
微妙に違ってくるハズです。

 

その微調整を行うか
行わないかで、
選考突破する確率は変わってきます。

 

さらに
もっともラブレターであるべき
志望動機を

ほとんど変えずに
何社にも同じ内容で応募している
方もいます。

 

でも、
ラブレターの使い回しなんて
考えられないですよね。

 

基本的な部分は一緒でも
相手についての記述は、
ちゃんと相手のことを想って書かないと。

 

だからこそ、
職務経歴書+志望動機は、
ラブレターだと思って作ると
とても良くなりますよ。

 

ライバル(他の応募者)に勝てる
ラブレターのような
職務経歴書志望動機
作りたいと思うなら

転職の個別サポート塾の無料相談
ご利用ください!

 

あなたの
転職成功をお手伝いします!

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

お問合わせ