「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

レベル合わせを意識すると、職務経歴書・面接の伝わり度が格段に向上します。【転職・再就職】

レベル合わせを意識すると、職務経歴書面接の伝わり度が格段に向上します。【転職再就職

cc62e9c4c8449b45db49b07d406b464a_s

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
レベルを合わせる」です。

 

あなたは
誰かに読まれる書類を書く時や
誰かに伝える話す時

そこに記載する内容の
レベルを合わせるコトを意識しますか?

 

普段まったく意識していなくて

「えっ、何の事…?」
って思ったのなら、下記もお読みください。

 

もしかしたら
内定に近づけるかもしれませんよ。

 

伝える複数の内容のレベルを合わせると…

 

面接で話すとき、
職務経歴書に書くとき

自分が伝えたいことを、
相手に伝わり易くするために

心がけたいのが

伝える複数の内容のレベルを合わせる

ことです。

 

ラフにですが
例を挙げると、

 

私が好きなフルーツは、3つあります。

一つ目は、マンゴーです。
二つ目は、絞ったリンゴです。
三つ目は、ジャムにしたイチゴです。

 

果物の話ですから、
なんとなくは通じますよね。

 

でも、
フルーツと断言しながら

リンゴはジュースに、
イチゴはジャムになってますから(笑)

 

これでは、
生フルーツだったら
違うものがベスト3に入るかも、
と疑問すら出てきます。

 

相手が理解し易くするには
「マンゴー」「リンゴ」「イチゴ」
で話すべきですね。

 

それが
「レベル」を合わせるというコトです。

 

その上で、
それぞれの補足として、

 

例えば

 

二つ目は、リンゴです。

特に、熟したものを絞った
ジュースは格別ですね。

 

という表現にすれば、
相手は、理解し易いですね。

 

職務経歴書や面接では、

書く・話す題材自体が、
このフルーツほど認識し易くないので

このようなフルーツ以上に
レベルを合わせて伝える
ことが、とても重要になります。

 

それを意識して行うだけで
採用担当者や面接官への伝わり度は
かなり高くなりますよ。

 

相手に伝わり易くするためには
「レベルを合わせて」
書く・話すを意識してみましょう!

 

もし
あなたが
採用担当者や面接官に
あまり良く伝わっていないかもしれない
と心配されているなら

『転職の個別サポート塾』の
無料相談をご利用ください。

 

あなたの伝えたい内容が
伝わるようになって
転職成功に近づけるよう
お手伝いします!

 

『転職の個別サポート塾』をご利用になられたお客様のご感想(最近の一部)

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ