「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

ハイクラス転職で期待通りのスカウトもらえてますか

これまで良い経験を積まれ、スキルを身に付けてきた「あなた」なら、応募企業から良い評価を得て、職務内容や条件でも希望通りの転職を叶えたいですね。そんな「あなた」なら、きっとハイクラス転職のエージェントを使っていると思います。スカウトは届いていますか?

 
160122%e3%83%93%e3%83%ab

 

 
こんにちは!転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

 
今日のテーマは、「ハイクラス転職でスカウト」です。

 

 
相変わらずバンバンCMを流している『ビズリーチ』をはじめ、『リクルートダイレクトスカウト』などのハイクラスに絞った転職エージェントの販促を見かける事が多くなりましたね。

 

 
それに加えて、通常のエージェントでも、ハイクラスに力を入れ始めています。

 

 
私が運営している『転職の個別サポート塾』にも、勘違いされて、新たなハイクラス転職サービス会社から、エージェントとして先行メンバー登録しませんかというDMが届いたり、「弊社もハイクラス人材に力を入れています」というような情報が届いたり、しています。

 

 
まあ、どこからがハイクラスなのか、線引きが良く分からないところもありますが、前述した『ビズリーチ』や『リクルートダイレクトスカウト』などがアピールしているのが、企業の方からスカウトが来るという点ですよね。それも「望み以上」「想像以上」だと。

 

 
ということは、多くの企業が求めている『専門分野』の『一定以上のスキル』を持った人材は、企業側やエージェントから見れば、不足していて奪い合いの状態で、応募者側から見れば、売り手市場、引く手あまたの状態だという事ですね。

 

 
なので、企業やエージェント側が認識している本物の『ハイクラス人材』ならば、登録すればスカウトが幾つも来るでしょうから、転職するだけなら何も困らないでしょう。

 

 
その状態は、ハイクラスかどうかのボーダーラインに属している転職者からしたら、羨ましい状態に映ると思います。

 

 
ですが、当のハイクラス人材は、幾つもの条件を満たす『望み以上』の求人からスカウトをもらい、そこから内定を得なければ、転職する意味が無いのですから、スカウトが多いからといって、決して喜んではいないのです。いくら周囲の人間に羨ましがられても。

 

 
本当のハイクラスの求人には、自分以外の応募者も、自分と同等か、それ以上の人材が応募しているのが普通ですから、スカウトが届いたからって、それで安心はできない訳です。

 

 
スカウトをもらえるようでなければ、そんな求人で勝ち残るのは至難の業ですが、たとえ、スカウトをもらっても、上記の通り、他の優秀なライバルを押し退けられる面接での応答(プレゼン)を用意できなければ、希望通りの転職を果たす事はできないでしょう。

 

 
なので、もし、あなたがハイクラス人材で、スカウトをもらえるけど他の優秀なライバルを押し退けるための準備に、今一つ自信が持てなければ、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 
また、スカウトはもらえるけど、あなたが希望・期待している求人からはスカウトが届かない状態で、どうしたら希望を叶えられるか悩んでいる場合でも、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。現状を打破する方法を一緒に考えますので。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

ハイクラス人材の自信はないけど、良い転職がしたいなら

 

 
もし、あなたが自分の事を、前述したような『ハイクラスかどうかのボーダーライン』や『たぶん、ハイクラスとは言えない』経験・スキルの人材だと認識されていて、でも、ハイクラス転職を利用したい、そしてスカウトをもらえるように挑戦したいと、思っているなら、どうしたら良いと思いますか?

 

 
絶対的な正解ではないですが、私が『転職の個別サポート塾』でお客様をサポートして、ビズリーチなどからスカウトをもらえるようにしてきたポイントを一つお伝えします。

 

 
それは、転職先でどんな風に働いていたいかを明確にして、それには、どの『強み(経験・スキル・思考など)』が活かせるかを絞って明確にして、それを求める企業に『引っ掛かる』言葉を探し出して、読んだら興味を持ってしまうユニークな自己PRを作れば良いのです。

 

 
上記の作業を多くのお客様と一緒に行ってきて、サポートを受ける前には、ビズリーチなどからスカウトをもらえないか、期待以下の数件だったお客様たちが、サポートを受けて上記の『ユニークな自己PR』で登録した途端、期待以上のスカウトをもらえるようになって、とても喜ばれ、最終的には採用を勝ち取って新天地で頑張られているケースも少なくありません。

 

 
これから益々加速して大きく変化し、ある意味、先を読みきれない不確実性の高い世の中で、自分をもっと磨き成長させられる、自分に適した会社・職場に転職したいと思ったのなら、ハイクラス転職のサービスを活用した方が良いのは間違いありません。

 

 
問題は、利用した際、あなたが相手にされるのか? つまり、スカウトを受けられるのか、という事です。

 

 
もし、あなたが、ハイクラス転職でスカウトを受けたいと思われるなら、またハイクラス転職のエージェントから質の良いサービスや紹介を受けたいと思うのなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

『転職の個別サポート塾』お客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ