「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

無意識に熱が入るモノ・コトを探せ! 転職でも“やる気スイッチ”が大事

自分のことは分からない。自分のことは自分が一番知らない。なんて言うけど、転職活動をすると、それを痛感する人が続出します。あなたは如何ですか?特に自己PRを作るために自分と向き合うとフリーズしてしまう人まで居ます。でも、あなたにもありませんか? 無意識に熱が入るモノやコトが。

 
1204 外人子供頭

 

 
こんにちは!転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

 
今日のテーマは、「やる気スイッチ」です。

 

 
あなたには、話していると無意識のうちに自然と熱が入ってしまモノやコトがありますか?

 

 
ひと昔前によく流れていた某学習塾のCMにあった『やる気スイッチ』みたいなモノです。

 

 
いかがですか?

 

 
え、仕事じゃなく趣味なら、あるんですか。そうですよね。その方がある可能性は高いですよね。

 

 
でも、ここでは「仕事」に限定して進めますね(笑)

 

 
まあ無意識なので、自分ではなかなか気が付けないかもしれないのですが、コレが見つかるとすごく自信が持てるようになるかもしれません。

 

 
どうしてか、って思いますよね。

 

 
それは、相手に伝えるべき「芯」が一つ出来て、さらに話すにも苦労しないモノなので、相手に与えるイメージも強くなり、アピールも強く出来るようになる可能性が高まります。

 

 
つまり採用担当者や面接官にあなたの良いイメージがとても伝わり易くなるというコト。

 

 
話していると無意識のうちに自然と熱が入ってしまう仕事に関する「モノ」や「コト」、つまり『やる気スイッチ』があなたに、あったら転職成功に近づけます。

 

 

 
 

『やる気スイッチ』が見つかって良い結果が出た「こんな例」があります

 

 
『転職の個別サポート塾』で私がサポートして再就職されたあるお客様(40代男性)は、軽いものですが、パニック症とコミュニケーション障害をお持ちでした。

 

 
なので、すぐ頭の中が真っ白になり、面接の練習ではなく、セッションの間の私との対話ですら上手く話せない時もありました。

 

 
でも、ある仕事の話になった時だけ、とても堂々と話されているのです。

 

 
それは、他の時と違って流れるようにスムーズで、聞くに値する話の内容で、分かり易くもあります。

 

 
今の話、すごく良かったですよ」「今までと全然違う話し方でしたね。」と、お客様に言っても

 

 
え、そうなんですか???」と、本人にはまったく自覚が無いんです。

 

 
でも、ソレを見つけたので、ソレに絞り込んで、ソレから膨らませた内容で、「自己PR」や「職務経歴書」をお客様と私で、一緒に作り上げました。

 

 
もちろん、常に面接で話す練習をしながら、文章表現にも注意して書くコトがとても大事です。

 

 
そのサポートの結果、お客様はもともと面接などで臨機応変に話すのは難しいレベルでしたが、職務経歴書に書かれている範囲なら、面接官にしっかり伝わる話が出来る様になりました。

 

 
なので、それまで1社も面接に呼ばれたことの無かったお客様が、数社に応募したら面接に呼ばれ、内定をもらえたのです。

 

 
お客様がビックリしてすごく喜んだのは言うまでもありません。

 

 
こういうお客様の例もあるので、無意識に熱が入るモノ・コトを見つけるコトは大事です。

 

 
あなたも『転職の個別サポート塾』で、自分だけのやる気スイッチを、一緒に探しませんか?

 

 
もし、あなたも「やる気スイッチ」を見つけて、面接に呼ばれる自己PRや職務経歴書を作って、転職を成功させたいと思うなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。きっと、あなたも「もっと早く利用すれば良かった」と思いますよ。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

『転職の個別サポート塾』お客様のご感想

 

 

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 
もし、あなたが自分の魅力を見つけて転職を成功させたいなら、『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

お問合わせ