「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接で「説明を説明する」をやるから伝わらない!あなたは大丈夫?【転職】

面接で「説明を説明する」をやるから伝わらない!あなたは大丈夫?【転職】

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
説明の説明」です

 

あなたは、
面接で話すのが得意ですか?

 

えっ、
得意ではないですか。。。

 

では
苦手ですか?

 

そうですか。

 

やっぱり
苦手ですか。

 

では
苦手なのは、
話す時のどんな点ですか?

 

例えば
下記の様な状況に
なってしまう事はないですか?

 

面接で話している時、
面接官にもっと知って欲しくて

説明している最中、
その話の中のあるコトについて
更に説明を重ねて

自分でも段々何を話しているのか
分からなくなってしまう。

 

こうなってしまうと

話している本人が、
話の現在地と到着地点が
分からなくなっているのですから、

聞いている面接官には、
もっと理解できないでしょうね~(笑)

 

私も企業で採用責任者の時に
時々このようになってしまう
応募者の面接を経験しました。

 

実は
こういう状態の話を聞いている時間は
面接官にとっては、少々苦痛です。

 

あなたも
想像がつきますよね。

 

長いダケで
内容はあまり伝わってこないのですから。

 

 

面接で説明に説明を重ねてしまうのは何故?

 

実は
こうなってしまう原因の一つは

説明しなくてもいいことまで
説明をしようとするからなんです。

 

応募者の職場や仕事のコトは
どんなに説明しても

面接官は
細部まで正確には理解できません。

 

それは
そうでしょう。

 

職務経歴書からの少ない情報と
面接での応募者の話からだけでは
理解出来なくて当然です。

 

それで、良いのです。

 

面接官は
自分にとって知りたい情報と
応募者に関して納得できる情報が
得られれば、それでOKなんですから。

 

所詮は、他人のコト。

 

応募者の頭の中にある膨大な情報を
面接官が正確にすべて知り得るコトは
どうやったって無理。

 

ましてや
採用の可否を
ジャッジするのに必要な情報が
必要な面接官にとっては

ピントがズレた詳細な情報を聞かされても
邪魔なダケですから。

 

ところが

真面目な人ほど、
ちゃんと分かってもらおうと思って

細部まで一生懸命
説明しちゃうんですね。

 

これが、
説明を説明する」と言う
泥沼に入ってしまう始まりです。

 

話していて、
これも説明しなきゃ
あれも説明しなきゃ」と思うので

説明の説明という
難しい話術が出来上がります。

 

相手(面接官)は、
全部知りたいわけではありません。

 

知りたいことを、
分かり易く教えて欲しいだけなんです。

 

大事なのは、
なるべく簡潔に、シンプルに!

 

それを可能にするには

職務経歴書を作る時に
面接で話すコトを意識しながら
内容を決めていく事が大事なんです。

 

面接で話すコトを意識して
職務経歴書を作れば

説明を説明するという状況になる
落とし穴」を避けられます。

 

もし
あなたが
面接が苦手で
説明に説明を重ねて
しまう事があるなら

転職の個別サポート塾の
無料相談におこしください。

 

職務経歴書を作り変えれば
面接が苦手ではなくなりますよ。

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ