「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

職務経歴書に、小さな改善の経験も載せていますか?【自己PR】

職務経歴書に、小さな改善の経験も載せていますか?【自己PR】

DSC_0403

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
改善の経験」です。

 

転職の個別サポート塾で、お客様に質問しながら、今までの業務経験をどんどん聴き出していくと、色々な業務や場面で、様々な改善された経験があることが分かります。

 

それは
会社や部署という
大きな単位のものもあれば

自分の業務に関して
という小さなものもあります。

 

もちろん
既にそれが自分の「売り」だと思って
職務経歴書の「自己PR」欄に
アピールされている方もいますが

多くの方は
既に忘れていたり

アピール出来るとは
思っていない方もいます。

 

改善の経験は
小さなコトであっても、
あなたの魅力になります。

 

ただし
単なる「改善」という現象だけを
取りあげると

面接官や採用担当者から
スルーされる可能性があります。

 

実は
その改善が出来た
「考え方」や「創意工夫」などが、

面接官や採用担当官が知りたい
あなたの魅力」なのです。

 

 

あなたの改善経験は職務経歴書に載っていますか?

 

あなたの
改善した経験」は何ですか?

 

それは、
あなたの職務経歴書自己PR
載っていますか?

 

そして
その改善を可能にした
「考え方」や「創意工夫」まで
一緒に載せていますか?

 

それらを載せなければ
改善と言う結果だけを載せても

面接官は
「うちで同じコトが出来るとは限らない」
と思います。

 

だから

その改善を可能にした

あなたの
「問題意識」「課題発見力」
「創意工夫力」などが
とても大事になります。

 

それらを持っていたから
改善が出来たんだ

と面接官が分かれば
「うちでもやってくれそうだな」
と思ってもらえます。

 

そうなれば
内定にかなり近づきます。

 

だから
職務経歴書の自己PRで
フォーカスすべきは

改善した経験ではなく

それを可能にした
「考え方」や「創意工夫」などです。

 

改善した経験は
「その能力を使った結果」であり

つまり
能力があるコトの証拠となります。

 

上記の違いが分からないと

折角作った「自己PR」が
あまり面接官にアピールできていない
残念なものになります。

 

ぜひ
上記を理解して
「小さな改善」でも載せて

積極的に
アピールしていきましょう。

 

もし
自信の持てる「自己PR」が
作れていないなら

転職の個別サポート塾の
無料相談をご利用ください。

 

あなたの自己PRを
魅力的な内容に変えて
転職が成功するよう
お手伝いします!

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

お問合わせ