「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接に効果的な「なぜなら」「例えば」を使いこなそう!

面接に効果的な「なぜなら」「例えば」を使いこなそう!

面接

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
なぜなら」です。

 

面接で自分から話すのが、苦手

面接官から質問されるのが、苦手

と言う方は少なくないですね。

 

出来たら
面接なんて行かないで
採用して欲しい

って思うぐらい
面接は嫌だぁと思っている人も
中には居ます。

 

あなたは、いかがですか?

 

「そこまでじゃないけれど、でも…」

「質問されると上手く回答出来ないから」

「やっぱり面接は苦手だなぁ」

という人は多いようです。

 

確かに
面接官からの質問は

  • どんな質問が来るのか分からない
  • 質問の意図がハッキリ分からない
  • 相手に分かり易く話すのが苦手
  • 臨機応変に最適な回答を見つけられない

などなど、難しいですよね。

 

そんな方は、
こんな練習はいかがですか?

 

 

面接での回答力を上げる練習は?

 

これなら自分一人で練習できます。

 

■質問を考えて、自分に質問をする

  ↓

■それに対して、シンプルに回答する

  ↓

■その回答に「なぜなら〇〇だから」
 と付け足す

 

たったコレだけです。

 

もし、
あなたが、
在職中ならば

職場で、
上司や同僚からの質問に対して
コレを意識してやってみるのです。

 

本当に良い練習になります。

 

継続すると
面接での回答する力が身につきますよ。

 

身についてきた実感があれば

コレに追加して、

例えば、〇〇〇」と

具体例やエピソードを語るのです。

 

この具体例やエピソードが
ピントが合っているものだと

面接官は
あなたの仕事力が
本物だと思えるので
内定を出してもらい易くなります。

 

ココまで出来るようになったら
あなたには自信がついているでしょう。

 

もう面接での質問は
怖くないハズです。

 

まずは
回答に続けて
「なぜなら」を話す練習してみましょう。

 

そんな練習は
「自分一人では難しい」
「ハードルが高い」と
思われた方は

ぜひ
下記もお読みください。

 

 

面接官からの質問自体を難しいものにしないために

 

前述の練習は
面接だけでなく

転職先でも役に立つので
ぜひ、やって欲しいものですが

そもそも
面接官の質問が
答え難いものにならなければ
面接の苦手意識は減りますよね。

 

その面接官の質問を
答え易い質問
していく方法があります。

 

その方法
分かりますか?

 

それは…

 

面接を意識して
面接官の質問が想定できる
職務経歴書を作るコトです。

 

それが出来れば
面接官からの質問の
ほとんどを想定して

回答の仕方まで
準備しておけますので

想定外で
頭が真っ白になっちゃって
上手く回答できなかった

なんてコトが無くなります。

 

転職の個別サポート塾では
そんな職務経歴書を

いつも
お客様と一緒に作っているので

面接がすごく苦手だと
言うお客様も

面接でしっかり話して
採用されています。

 

もし
あなたも
そんな職務経歴書を作って
苦手な面接を突破したければ

転職の個別サポート塾の
無料相談をご利用ください。

 

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

□■□■□■□■□■□■□■□

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

転職の個別サポート塾に
少しでも興味を持ったら

初回の無料相談(90分間)の
詳細をご覧ください。
こちらから ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ