「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

2社以上の短期離職で、転職回数が多くなってしまい、心配されていませんか

前職を短期間で現職に再転職したのに、今回の転職も失敗で、2社続けて短期離職になったせいで、転職回数が多くなってしまい、そのことを面接で厳しく問われ、メンタルがどんどん弱くなってしまった人、少なくありません。

もし、あなたが同様の状況で悩まれていても、あなたの「転職したい」を叶えることは可能ですから、心配しないでください。

 

 

 
こんにちは!
転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

 
今日のテーマは、「短期離職で転職回数が多くなってしまっても、」です。

 

 
年齢の割には、転職の回数が多くて、心配や悩まれる人は少なくありません。

 

 
例えば、20代で3社以上、30代で5社以上、40代で7社以上だと、面接官からも突っ込まれるので、心配になるのも無理はないと思います。

 

 
さらに、転職回数がやや多めだよなぁ、と感じているところに、転職が失敗してしまい、短期離職まで重なってくると、これは、かなり厳しく感じられるので、悩んでしまう人も出てくる訳です。

 

 
「転職失敗」⇒「短期離職」のパターンは連続して起こることも多く、そんなことになったら「人生終わった~」と思ってしまうこともあるでしょう。

 

 
それでも、残った勇気を振り絞り、応募して、面接に臨んだところで、面接官から

 
「どうして、こんなに転職回数が多いの?」

 
「なんで、2社続けて短期間で辞めているの?」

 
なんて質問され、うまく答えられず、落選が続けば、転職活動を続けるのもしんどくなってくるでしょう。

 

 
さらに、面接官から「甘いんじゃないんですか」とまで言われたら、自分でも少し感じていたことを面と向かって指摘されたのですから、心が傷つきメンタルが弱くなってしまうのも、不思議ではありません。

 

 
『転職の個別サポート塾』には、そんな状態になったお客様が、「何とかして欲しい」と駆け込み寺のようにご利用になられるケースが結構あります。

 

 
でも、そんな状況に追い込まれ、そんな状態になったお客様でも、大丈夫なんです。

 

 
それが、どうしてなのか、あるお客様の例でみていきましょう。

 

 

 

 

短期離職が続き転職回数が5回の30代女性

 

 
以前サポートした30代女性のお客様は、前職を半年弱で短期職され、なんとか転職できたものの、また転職失敗に近い感じで、転職活動を始められました。

 

 
ですが、次が6社目、つまり転職回数が5回と多めで、直近は短期離職が2社続いているので、そのことを面接官にどう思われるかが不安で、自信が持てる自己PRも、職務経歴書も作れなかったそうです。

 

 
それでも、何社か面接に行ったものの、面接官から、「転職回数の多さ」や「短期離職になってしまった理由」などを質問され、しっかり答えきれず終わったそうです。

 

 
そうなれば、さらに自信が無くなっていくのも当然。お客様も段々メンタルも弱くなっていき、夜もあまり眠れなくなっていったそうです。

 

 
そこまで追い込まれた時に、頼っていただいたのが、『転職の個別サポート塾』です。

 

 
お客様のご状況、お気持ち、ご希望などをお聴きした上で、私がお客様に下記のような内容をお伝えしています。

 

 
「その状況でも大丈夫ですよ。お客様らしい自己PRと職務経歴書を私と一緒に作れば、自信が戻っきます。そうなれば、ご希望の転職が可能になりますから。」

 

 
それを聞かれたお客様は、きっと半信半疑だったと思います。

 

 
でも、メンタルが弱って、この後、一人ではどうにもならないと感じ、「藁にもすがりたい」と思っていたお客様が、継続サポートに申し込まれた事は言うまでもありません。

 

 
サポートを始めて、お客様の良さを私が見つけ出し、面接官に興味を持ってもらえる『お客様らしい自己PR』にまでしていくと、お客様に変化が現われはじめました。

 

 
「この自己PRなら、もしかしたら、大丈夫かもしれない。」と心の中で思い始めたそうです。

 

 
そして、その自己PRを基に、採用担当者に伝わり易い職務経歴書を作り上げて、面接の応答の台本まで出来た時には、受けるのが怖くなっていた面接に、早く行きたくなっていました。

 

 
つまり、メンタルを弱くさせていた原因の「短期離職」も、「転職回数の多さ」も、全然気にしないくらいにまで、自信が戻っていたのです。

 

 
その結果、希望の応募先から内定を獲得されました。

 

 
このお客様と同様に、「転職回数の多さ」と「短期離職」を心配され、メンタルまで弱ってしまっている人は少なくありません。

 

 
でも、このお客様のように、『転職の個別サポート塾』で「自分らしい自己PR」を作って、職務経歴書にして、面接の台本まで作れば、そんな事を心配しなくても良いようになります。

 

 
もし、あなたが転職回数が多く、短期離職になりそうなら、なるべく早く『転職の個別サポート塾』の無料相談をご利用ください。辞めてしまう前に自信の持てる「自己PR」と「職務経歴書」を一緒に作りましょう。

メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

『転職の個別サポート塾』を利用されたお客様のご感想

 

 

あなたが
応募先から 選ばれて
転職を成功させる
サポートメニュー各種
上記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

人生が変わる、「あなたらしい自己PR」を手に入れたくありませんか?

 

 

 

 

下記は、noteに掲載している『転職活動の誤解シリーズ』です。こちらの記事も、あなたの転職成功に少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

 

作る順番が違うだけでも、希望を叶える確率が下がるかもしれないとしたら、怖くないですか?
志望度の高い応募先からの「面接に呼ばれる確率を下げる」職務経歴書の作成に関する誤解3選

 

 

例えば、「転職失敗したと思っても、1年はがまんして働かないといけない」なんて思っていませんか?それも誤解の一つです。
無料相談転職失敗と短期離職に遭遇した際に、やってしまいがちな誤解3選

 

 

優秀な人でも、「アピールしなきゃ」という誤解のために、転職活動で苦戦するかもしれません。
職務経歴書と面接では、出来る限りアピールした方が良いという誤解

 

 

丁寧な(長い)説明(回答)は、面接官にとってありがたくない、むしろ苦痛だと知っていますか?
面接官から質問されたくないから、先回りした完璧な回答を準備するという誤解

 

 

 

 

お問合わせ