「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

転職の面接では、絞り込むとあなたの魅力が伝わり易くなる【自己PR】

転職面接では、絞り込むとあなたの魅力伝わる【自己PR】

 

若い男性 面接

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
絞り込むと伝わる」です。

 

転職活動では
面接で、面接官に
しっかり自分の魅力(強みなど)が
伝わらないと、

なかなか「内定」「採用」に
つながらないですよね。

 

転職の個別サポート塾で
無料相談にお越しになったお客様にも

面接で自己PRが上手くできずに
悩まれている方が少なくありません。

 

あなたはいかがですか?

 

面接官から
「あなたの強みを教えてください」
と促されたら

面接官に自分の魅力が伝わるように

そして
面接官が興味を持ち
さらに質問してきたくなるような

そんな自己PRを話せていますか?

 

面接で上手く自己PRが話せない要因

 

面接で上手く自己PRが話せない人には、いくつかの共通する事項があります。

 

下記が主な要因です。

 

1 伝えたい「自分の魅力(強み)」を絞りきれていない

2 その「自分の魅力(強み)」を明確な言葉にしていない

3 面接官が聞き易く、自分にとって話し易い「話す文章」にしていない

 

上記の3つの中でも、最大の要因は、1 の 伝えたい「自分の魅力(強み)」を絞りきれていない です。

 

自分の強みだと思えるものが沢山あることは素晴らしいですが、沢山伝えようとすればするほど、一番伝えたいことの印象が薄れます。

 

だからこそ、沢山ある中のどれを面接官に知って欲しいのか、それを考えて3つ程度に絞りたいですね。

 

目的は「面接で自分が上手く話せて、面接官にしっかり伝わる」こと

 

3つに絞りこんだものを面接で

「私の強みは3つあります。1つ目は・・・、2つ目は・・・、3つ目は・・・。以上3つの強みを御社で・・・」

と話せば、
面接官に分かり易そうですよね。

 

それも
1分半程度に
コンパクトに話せそうです。

 

この話し方なら
長々とした文章を暗記して
話す必要もなくなり

自分にとっても
とても話し易くなるハズです。

 

「だらだらと自分の強みらしきモノを話す」より、この「3つに絞りこんで、コンパクトに話す」方が、「面接で自分が上手く話せて、面接官にしっかり伝わる」目的を果たせそうじゃないですか。

そう思いませんか?

 

だから、面接で上手く自己PRを話すためには、職務経歴書に自分の強みを絞りこんで書くことが大事

 

面接に呼ばれてから、面接で話す内容を決めるのでは、手間もかかるし、面接官へ与える印象を良くしていくのが難しくなります。

 

職務経歴書を書く段階から、自己PRとして面接官や採用担当者に伝えたい「自分の魅力(強みなど)」を、しっかり絞り込んでおくことが大事です。

 

あなたは、
面接で伝えたい
「あなたの魅力(強みなど)」を
しっかり決めていますか?

 

それは幾つありますか?

 

そして
優先順位をつけてありますか?

 

 

あなたが「これは絶対伝えたい」という魅力を3つまでに絞り込んで、面接官や採用担当者に伝わる自己PRを作りたいなら、転職の個別サポート塾の無料相談にお越しください。

 

「あなたの魅力(強みなど)の発掘と絞り込み」そして「面接官に伝わる文章表現」をお手伝いします。

 

あなたが自信を持てるよう、サポートします。

 

無料相談をご利用ください!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職歴書をラブレターに変えて、
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->