「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

古い職歴まで心配し過ぎてしまう【転職活動で困る“悩みの元”】

古い職歴まで心配し過ぎてしまう【転職活動で困る“悩みの元”】

1123女性PC頬杖

 

卒業して入社した1社目を半年や1年足らずで、転職された経験をお持ちの方も少なくないようですね。

 

転職の個別サポート塾でも、2割弱くらいのお客様が該当している感じです。

 

そのお客様たちの経験企業の件数は、そうでなかったお客様よりも多くなりがちのように思います。つまり、転職回数がやや多め、と言うコトですね。

 

転職回数の多さは、転職PR術を使えば、さほど気にならず、転職成功に進めていけるのですが、お客様によっては、1社目の短期間の勤務経験に対して、かなりネガティブな感情を持っていて、「面接で聞かれたらどうしよう」と内心、すごく恐れていたりして、コレが結構、足かせになるリスクがあります。

 

面接官は、卒業したての1社目の短い勤務経験には、あまり興味がありません。そこを退職した理由が、よっぽどいい加減か、問題を起こしたかで無ければ、深く追求する気もありません。

 

ただし、隠そうとしたり、ちゃんと答えてもらえない場合は、追求したくなります。そこに、リスクが潜んでいるかもしれないからです。

 

特に、応募した業種と職種にかぶらないのであれば、1社目が短い勤務経験であっても、それについて、さほど心配する必要はないのです。

 

退職した理由も明確に無ければ、「働いてみて、自分に合わないことが分かり、転職を考えました。安易な就職をして反省しています。」と正直に言っても、その後の転職後の勤務に一貫性があるなら、また、しっかり働いてきたなら、大丈夫です。

 

古い職歴のコトを心配して、気を散らしてしまうより、応募先との接点や職務内容との重なりを見つけることに集中しましょう。

 

その方が、転職成功に近づけます。

 



転職・再就職は
自分を再発見する旅でもあります。

 

あなたの転職・再就職が
より良い結果になりますよう

 

職歴書を作るコツや
面接でアピールするコツなどを、
1日1ヒントお届けしています。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!

職歴書をラブレターに変えて、

転職成功を引き寄せる

「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

人材紹介会社は利用されていますか? 複数登録して、上手に利用しましょう!
こちらに、オススメの人材紹介会社を掲載しています。チェックして登録してみましょう。(クリックしてください。紹介ページに飛びます)

 

 

お問合わせ
-->