「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

応募のポジションや条件に、こだわり過ぎていませんか?

PCと珈琲

私が再就職で苦戦していた時の話です。

その頃はまだ、募集要項で年齢制限を記載できた時期でした。(今では出来ません)

一般求人で35歳まで。マネージャー候補での募集です。私は47歳。

それまでは部長レベルでの求人を中心に動いていました。

その募集要項を見て、何かが閃いたようです。

条件を無視して、応募書類を工夫して応募しました。

結果は、採用。それも部長としてです。

前任の部長が一年持たずして数か月前に辞めていて空席だったのです。

これから人材紹介会社に紹介を依頼するタイミングだったそうです。

人材紹介会社を通さずによい人材が採用出来れば、百万円以上の経費が抑制できます。会社としてもラッキーだったケースです。

握手 2

中小企業でしたから、給与は前職の6割程度でした。それでもOKしました。

ただし、条件をつけています。求めている以上の働きが見られたら、定期昇給の範疇を超えた昇給すると。

働き振りを見せつけて、結果を出して、希望の給与を勝ち取る。

オーナー企業ならではの社長との交渉の方法です。

結果、1年半ほどで営業本部長に昇格し、前職を上回る給与額に昇給しました。

これは私のケースです。誰にでも当てはまる訳ではありません。

しかしながら、応募の段階で、「これは希望の条件とは違う」とはねていたら、応募できる求人案件は結構少なくなってしまいませんか?

特に40歳以上の方で転職活動に苦戦されている方は、

「希望通り」に縛られず、少し条件を緩やかにして可能性を広げることをお勧めします。

過去2回の転職した職場では、様々な転職者(入社や退職)を見てきました。

そのポジションの職責を果たせず、短い期間で、また転職しなければならない方達も結構いました。

入社するための条件は大事ですが、

それより入社した後に新天地の職場で活躍することの方がよほど大事ではないかと思います。

応募する際の条件だけでなく、入社した後の働く姿もよ~く想像してください。

リアルにイメージ出来てよい気持ちになる企業が応募すべき企業だと思います。

 

あなたは、条件やポジションにこだわり過ぎて、チャンスを見逃していませんか?

お問合わせ
-->