「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

【Q&A】職務経歴書の「職務要約」は、書いた方が良いのですか?

【Q&A】職務経歴書の「職務要約」は、書いた方が良いのですか?

DSC_0403

 

職務経歴書のはじめ

つまり
職務経歴書の1枚目の一番上

そこに
職務要約を載せましょう、と

一部の例外を除いた
ほとんどのお客様にお伝えします。

 

職務要約は
自己紹介のようなものです。

 

例えば
採用担当者が知りたいだろう
と思う内容を

3行程度の文章に
まとめてしまっているお客様に

「これだと、文量が少ないですね~」って
指摘すると、

「職務要約って
書いた方が良いのですか?」

と逆に質問されることがあります。

 

 

その質問「職務経歴書の職務要約は書いた方が良いのですか?」への回答です。

 

回答の前に質問です(笑)

あなたは、初対面の人が、自己紹介されずに、いきなり詳しい経歴などを、どんどん話されても平気ですか?

多分、平気ではないですよね。

 

口には出さなくても
「えっ、ちょっと待ってよ。。。」
って感じになりませんか?

 

それは、そうです。(笑)

 

相手の話をしっかり聴こうとすれば

やはり段階を踏んで
相手の事を、ジワジワと理解していく

そんな進み方が望ましいですよね。

 

それは、
職務経歴書の書面でも一緒です。

 

 

まずは、採用担当者に自分のコトを、大きく掴んでもらうのが大事

 

採用担当者が
職務経歴書を初めて見たときに

真っ先に目に飛び込んでくるのが
上部に載っている職務要約です。

 

目にした瞬間

読み易そうな感じか

気になる言葉があるか

をキャッチして
印象の良し悪しを判断しています。

 

印象が良ければ
興味を持って文章を読む
と言う感じです。

 

だからこそ、
採用担当者が読んだら

自分のコトの概要は
理解出来る内容、文章に
職務要約をしておく必要があります。

 

採用担当者の立場になって
どういう風に職務経歴書を見るのか
を考えれば

職務要約の重要性と
そこに書くべき内容は

きっと
あなたにも分かるでしょう。

 

採用担当者が興味を持つ
職務要約を作って
面接に呼ばれる確率を高めましょう。

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->